K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『謙信 純米吟醸 ひやおろし』ひと夏を越えて丸みを増した、秋を感じる一本。

K’s MENU Note

新潟『謙信 純米吟醸 ひやおろし

 

今週のお題「秋の空気」 

 

飲み屋をやっていて「秋」を感じるのはどんな時か?

 

夕方5時の開店時間。

シャッターを上げると、外が薄暗くなっている。

「真夏は7時頃まで明るいのに…。もう秋だなぁ。」

毎年のこととは言え、この変化は目に留まる。

気温が下がって嬉しい反面、なぜかもの悲しかったりもする。

 

もうひとつ。

日本酒の「ひやおろし」が出回って来たとき。

実際には7月頃から出始めるがメインは秋。

「秋あがり」とも呼ばれる所以である。

 

今年も何本か仕入れたが、その中から一本紹介する。

f:id:kimama2016:20191020010519j:plain

造るのは、新潟県糸魚川市にある池田屋酒造さん。

使用米は五百万石とこしいぶき

精米歩合50%。

日本酒度+1、酸度1.5。

無濾過で瓶詰め後、火入れを行い貯蔵。

ひと夏を越して出荷される「ひやおろし」だ。

f:id:kimama2016:20191020011332j:plain

f:id:kimama2016:20191020011349j:plain

微かにフルーティーな吟香。

全体に綺麗でスッキリした味わいだが、適度に膨らみや丸みがある。

しっとり染み入る味わいで、後味は清らか。

アルコール度数17度とちょっと高めだが、それを感じさせない軽やかさもある。

夏に飲んでも美味しそうだ。

f:id:kimama2016:20191020011811j:plain

絞ったばかりの酒は荒々しいが…。

ひと夏を越して円やかに落ち着いてくる。

 

そんな風に変わるのは、何も酒に限った話しではない。

サラブレッドも夏に急成長する馬がいる。

こちらは「秋あがり」ではなく「夏のあがり馬」と呼ばれる。

 

今日は「菊花賞」。

毎年、この時期のGⅠレースを迎えると…。

「秋」を感じることになる。

 

馬券の方も「秋あがり」になれば言うことなし、なのだが…。