K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

トウモロコシでバーボンを。『エヴァン・ウィリアムス12年』

 K’s MENU Note

FILE 38

『EVAN  WILLIAMS  12

 

前出のお客様、エライジャ・クレイグ12年までは自分でメニューを見てオーダーしていましたが、そのあとは面倒になったのか、「おすすめのバーボンをロックで」というオーダーに変わりました。

そしてお出ししたのがこちら、エヴァン・ウィリアムス12年」

エライジャ・クレイグ同様、ヘブンヒル蒸留所のウイスキーです。


f:id:kimama2016:20170529003753j:image


f:id:kimama2016:20170529232228j:image



 最初に「トウモロコシ」を原料としてウイスキーを作ったとされるエヴァン・ウィリアムスさん」にちなんで名前が付けられているとのこと。エライジャ・クレイグ牧師」といい、バーボンは人の名前が付けられることが多いのかしら?

 

さらっと見てみると、人っぽい名前は「ジャックダニエル」「ジョージディッケル」「ジョンハミルトン」「ヘンリーマッケンナ」・・・。そんなに多くもないか。

 

 

さて、恒例のテイスティング。3日連続でバーボンをちびちびやることに・・・。

 

このバーボンもアルコール度数50.5度(101プルーフとかなり高めながら、そんな感じは全くさせないくらい、甘く、まろやかな口当たり。それでいてバーボン特有の香味はしっかり感じられて、飲みごたえは十分。

 

そしてもうひとつの特徴は、色が濃いこと。他のバーボンと比べても、褐色がかなり濃い方だと思います。下の写真で右がエヴァン・ウィリアムス、左がエライジャ・クレイグ(赤みがかった色が特徴と言われる)。どちらも12年熟成。ちょっとわかりずらいですが、エヴァンの方が濃い~感じは伝わるのではないでしょうか。

 

f:id:kimama2016:20170529232258j:image

 

そして前回の記事で書ききれなかった「バーボンとスコッチの樽熟成の違い」について。

 

バーボンは法律で製法や原料が細かく決められていると書きましたが、バーボンの熟成は「内側を焦がしたホワイトオークの新樽」で行わなければならない。新しい樽を使うと熟成が進みやすく、樽の成分が溶出しやすい。おそらくそこがバーボンの味をストレートに感じる理由なのでしょう。また、色の濃さは樽の内側の焦がし方によるものと思われます。焼き加減が各ブランドの商品の特徴に現れるようです。

 

一方スコッチの熟成はというと・・・

この、一度バーボンの熟成に使った樽をばらしてスコットランドに運び、スコッチの熟成用に組みなおして使う。(バーボンは新樽を使わなければならないので、一度使った樽は使えない)シェリー酒を造った樽も使う。一度他のお酒を造った樽なので、熟成はゆっくりで、樽の成分の溶出もゆっくりなのでしょう。その分、バーボン(時にシェリー酒)の熟成時に樽にしみ込んだ成分も溶出するので、より複雑な味になると思われます。もちろん自然環境も影響します。

 

前回の記事です↓↓↓

kimama2016.hatenablog.jp

 

3連続でバーボンの記事になりました。次の記事は何になるか??

お客様のオーダー次第でございます(笑)