K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ライ・ウイスキー』ライ麦が主原料の優しい味わい。

今回は久しぶりにWhisky。

「銘柄を指定してHigh Ballを注文する」

最近そんな人が増えてきた。

意外と女性に多い気がする。

 

ある日のこと。

不思議と「銘柄指定」のオーダーが被ったのがこちら。

「ジムビーム  ライ」(※旧ボトル)

f:id:kimama2016:20180112104921j:plain

残り少なかったが、滅多に出ないので追加発注はせず。

ところが予想外にオーダーが被ったため売り切れに…。

 

そこでお勧めしたのが、もう一本のRye Whisky。

「オールド・オーヴァーホルト」

f:id:kimama2016:20180112104937j:plain

BARでは、Whiskyベースのカクテルによく使われる銘柄。

ある店で「マンハッタン」を注文した時に初めて出会った。

その後、いろいろな所でこのお酒を目にすることになる。

 

【Rye Whiskyとは?】

ライ麦を主原料にして作られるWhisky。

「Straight Rye Whisky」と称されるには…

  • 原料の51%以上ライ麦
  • アルコール度数40以上80以下で蒸留
  • 内側を焦がしたホワイトオークの新樽で2年以上熟成しなければならない。

ちなみに「バーボン」は、原料の51%以上が「トウモロコシ」だ。

 

試飲してみる。

ほんの一口残っていたものでチェック。

f:id:kimama2016:20180112104842j:plain

草っぽい?香りが立つ。

「オールド」のほうが深くしっとりした香り。

 「ジム」はドライで乾いた香り。

 

口当たりは、優しく滑らか。

ほのかに甘みが感じられ、荒々しさは無い。

鼻から抜ける香りも穏やか。

f:id:kimama2016:20180112104900j:plain

「オールド」のほうが、しっとりとして深みを感じる味わい。

「ジム」はドライでスッキリした印象。

 

どちらもバーボンに比べると刺激が少なく、優しい味わいである。

シーンを選ばず、活躍できそうだ。

 

・・・・・

 

同じ「High Ball」でも、いろいろな銘柄で楽しんでもらえると嬉しい。

その中で自分の好みを見つけてもらえたら更に嬉しい。

それが女性なら、もう言うこと無し。

 

「色々なお酒を揃えていてよかった」と思う瞬間である。

もちろん、全てのお客様に感謝している。

でもやっぱり女性だとテンションが上がる。

男の性なので、こればっかりはどうしょうもない(苦笑)

 

さて、今夜はどんな素敵な女性と出会えるか?

 

※こちらが現行品。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジム ビーム ライ 40度 箱なし 700ml shibazaki_JBR
価格:1445円(税込、送料別) (2022/1/9時点)