K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブラントン』ボトルキャップが独創的な、唯一無二のシングルバレル・バーボン。

K’s MENU Note

FILE 146

『BLANTON'S   SINGLE BARREL

 

先日のお客様との会話。

 

マスター

「馬って草しか食べないのに、なんであんなに筋肉があるんだろう?」

Mさん

「草の根とかにたんぱく質があるんじゃない?あと木の実とか豆類も食べるでしょ。何なら草と一緒に虫も食べてるんじゃないの?」

マスター

「いやいや、馬は500kgもありますよ。虫を何匹食べれば筋肉になるんですか!?」

Mさん

「だから大量に草を食べる。暇さえあれば、ずっと食べてるんですよ。」

マスター

「そうかな~?イマイチ納得いかないなぁ~。」

 

そこへ現れた、化学に詳しいTさん。

「草食動物は、草からアミノ酸を合成できる微生物が体内にいるんです。アミノ酸は筋肉の元になる。たんぱく質アミノ酸に分解されて吸収されるんです。人間にはできないことですね。」

 

なんだ~、全然違うじゃん! 一瞬、信じてしまった(汗)

確かに「虫を一緒に食べて…」って、そんな訳はないよな~(苦笑)

 

と、そんな会話をしていて、このお酒が脳裏に浮かびました。

 

「ブラントン  シングルバレル」

f:id:kimama2016:20180307002456j:plain

特徴は何と言っても、馬の形のボトルキャップ。

f:id:kimama2016:20180307002520j:plain

しかも、このキャップ。

「B・L・A・N・T・O・N2・S」の、8種類の形があるそうです。

f:id:kimama2016:20180307010027p:plain

今回、仕入れたものは「A」でした。

空ボトルのキャップを見てみると「O」でした。

最後の直線でムチを入れてる所でしょうか。 

f:id:kimama2016:20180307002545j:plain

全部揃えたくなりますが、そんなに出るウイスキーじゃないですからね~。

まぁ、のんびり、気長にいきましょう。

 

テイスティングして見ます。

ところで「シングルバレル」とは?

通常は味を均一化させるため、いくつかの樽をヴァッティングします。

シングルバレルは、ひとつの樽から瓶詰めされるので、樽の個性が活きています。

スコッチではシングルカスクと呼ばれますね。

アルコール度数は46.5%。

 

・・・・・

 

バーボン特有の、やや強めの香ばしい香りが立ち上がります。

ところが、口に含むと一変。

いわゆる含み香はなく、鼻に抜けるようなバーボン感は、影を潜めています。

最初にピリッとくるテイストは感じますが、甘さや円やかさの方を強く感じます。

舌で転がしていると、微かにフルーティな果実感も表れます。

アフターに、穏やかなバーボン感や麦の香ばしい感じが鼻腔に残ります。

 

全体的に柔らかく、円やかな印象のバーボンでした。

 

・・・・・

 

ウイスキーの質といい、ボトルキャップの遊び心といい、まさに「唯一無二のバーボン」と言えそうです。

良い意味で「アメリカらしさ」が感じられる一本でした。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。