K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『77ウイスキー』大都会で造られるウイスキー。

先日、母親が喜寿を迎えた。

実家でささやかな会を催したのだが、その時に持参したのがこちら。

f:id:kimama2016:20180926004324j:plain

造るのは「ブルックリン・ディスティリング」社。

ニューヨーク州オーガニック穀物からWhiskyやスピリッツを造る蒸留所。

創業は2010年。最近だ。

このお酒も、ニューヨーク州産のウィート(小麦)を使用している。

ボトルに表記されているように「571 DAYS OLD」

約1年半と短めの熟成期間。

フレッシュさスパイシーさを大事にしている。

 

アルコール度数は45%。

度数調整の水以外は何も加えない。(ノンカラメル、ノンフィルター)

ボトリングは手作業だ。

 

なお「77」は、蒸留所の住所(番地)である。

f:id:kimama2016:20180926004342j:plain

「小麦」のWhiskyは初体験。

さて、どんな味わいなのか?

 

バニラ様の甘い香りが漂う。

刺激は少な目で、バーボン特有の香ばしいテイストは感じない。

軽快で穏やか、円やかで優しい甘み。

 

ピリッと来るニュアンスもあるが、全体的に柔らかい印象を受ける。

バーボンとは一味違った美味しさ。

ただ「小麦らしさ」というのは、いまいち分からなかった。

f:id:kimama2016:20180926004404j:plain

米国のWhiskyと言えば「バーボン」

造られているのは、南部のケンタッキー州

自然がいっぱいの、こんなイメージ。

f:id:kimama2016:20180927090034j:plain

で、このお酒が造られるのは、ニューヨーク州、ブルックリン。

f:id:kimama2016:20180927090140j:plain

f:id:kimama2016:20180926235652j:plain

対岸に「自由の女神」を臨む場所。

上の写真の右奥の方に、蒸留所があるのだろう。

ケンタッキー州とは全然違う。

こんな都会で造れるのだろうか?

そもそもニューヨーク州でオーガニック穀物なんて作れるのだろうか?

 

まぁ、東京の郊外にも、田んぼや畑があるからナ。

ニューヨークもいろいろなのだろう。

 

・・・・・

 

日本でも小規模生産の「地〇〇」や「クラフト〇〇」などが増えている。

他国でもこう言ったお酒が増えているのだろうか?

イマイチ把握できないが、入手可能なものは試して見たいものだ。