K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ダルモア12年』鹿のエンブレムが目を引く、北ハイランドの重厚なモルト。

K’s MENU Note

FILE 200

『DALMORE 12』

 

このブログもお蔭様で、200番目のお酒を紹介するに至りました。

思えば、メインブログから派生してできた当ブログ。

今となっては、アクセス数はメインブログを圧倒しています。

 

この節目に何を書こうかと思案しましたが…、

通過点と割り切って、普通にセレクトします。

 

ハイランドモルトダルモア12年」

f:id:kimama2016:20180820082923j:plain

蒸留所は北ハイランド、クロマティ湾の入り江添いにあります。

f:id:kimama2016:20180827074143j:plain

創業は1839年ホワイト&マッカイのキーモルトを造ってきました。

ダルモア」はゲール語「川辺の広大な草地」の意味。

古くから周辺の山は「鹿撃ち」の名所で、ダルモアのシンボルマークにもなっています。

 

こんな感じ?(イメージです。)

f:id:kimama2016:20180825093913j:plain

 

f:id:kimama2016:20180820082947j:plain

f:id:kimama2016:20180820082753j:plain

店にあるのは旧ボトルですね。

最近はこんなデザイン。

f:id:kimama2016:20180825090032p:plain

今風のデザインで、シンボルマークの鹿が強調されています。

 

テイスティングして見ます。

海風を受けながら、シェリー樽主体で熟成…。

そのあたりが感じられるでしょうか?

 

・・・・・

 

お酒はシェリー樽由来の濃い赤褐色

まず、香りがずっしり重い。蜜ろうのような…。

香りだけで酔いそうな気分…。

 

しかし、口に含むと印象は変わります。

砂糖やカラメルを彷彿させる優しい甘み。

オレンジのような果実感もあります。

 

加水すると、香りはとてもフルーティーに。

味わいも優しくなりますが、インパクトは弱まります。

ストレートがおすすめですが、少量の加水は有りかな。

 

いずれにせよ、シェリー&潮のニュアンスは感じられませんでした。

 

・・・・・

 

「MENUにあるお酒を紹介しながら、お店でのエピソードなどを綴る」

そんな意図で書き始めたこのブログ。

最近は…、

お酒とはまったく関係の無い小ネタの方がメインになってる気がします(汗)

まぁ、それはそれで良いでしょう…。

今後はどこへ向かうのやら。

思いつくまま、気の向くまま、

KIMAMAに綴って行こうと思います。

 

 

いつもくだらない記事にお付き合い頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。