K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『鳳凰美田』口いっぱいに広がる、ジューシーでフルーティな味わい。

K’s MENU Note

FILE 185

栃木『鳳凰美田 純米吟醸 亀の尾 無濾過本生』

 

しかし…、暑い。

暑さには比較的強い体質なのだが、さすがに堪える。

今日は40℃近い予報も出ている。

この先、地球はどうなってしまうのだろうか?

 

こんな状況ならば原発をフル稼働させて、火力発電をすべて止めた方が良いのではないか?

そんな風に思ってしまう時も…。

(決して原発推進派ではありません。むしろ否定的。)

それよりも国を挙げて「再生可能エネルギー」を普及させるべきではないか。

 

カジノ法案とか、議員定数とか、総裁選とか、どうでもいい。

日本人はこれからどうやって自然と向き合って生きていくのか?

国民の暮らしや生命を守るのが政治の役目ならば、それは最優先すべき課題ではないか?

できることはあるはず。

「もう遅い」とは思いたくない。

 

いかんいかん、これは酒ブログだ…。失礼しました。

 

今回紹介するのは、栃木のお酒「鳳凰美田」です。

f:id:kimama2016:20180714075528j:plain

造るのは、栃木県小山市にある小林酒造さん。

芳醇で濃厚、フルーティな香りのお酒を多く造っています。

 

今回の一本は…、

山形県、出羽高畠産の「亀の尾」を使用した純米吟醸酒

無濾過の生酒で、ラインナップとしては「春酒」です。

紹介するタイミングがズレちゃいましたね。

f:id:kimama2016:20180714075545j:plain

精米歩合は55%。

アルコール度数は16~17%。

f:id:kimama2016:20180714075604j:plain

テイスティングして見ます。

フルーティな香り。

口に含むと果実感たっぷりで、なんともジューシーな味わい。

「濃いな~」って感じます。

旨みもたっぷり。

甘みも強く感じるが、後味は意外とすっきり。

すぅ~と消えて切れていく印象。

 

ただ、この時期は温度上昇が早い。

温度が上がると酒質が一段と重く、甘みも強く感じられて、少々飲みづらくなる。

「春酒」はやっぱり春に飲むのが良いのでしょうね。

 

・・・・・

 

美しい自然や四季の風景が失われようとしています。

自然を破壊して拡大してきた人間社会。

元に戻せるとは思わないが…。

これからは人間が奪ってきたものを、少しずつ自然に還していくべきなのではないか?

昨今の異常気象を目の当たりにするたびに、そんな考えが頭をよぎります。

 

いつまでも美味しいお酒と料理を味わいたい。

自然の恵みに感謝して過ごしていきたいものです。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。