K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ばくれん』名前もラベルもインパクト大。「くどき上手」の蔵が造る、超辛口の吟醸酒。

K’s MENU Note

FILE 169

山形『くどき上手 ばくれん 超辛口吟醸 生酒』

 
大相撲、5月場所が終わりました。

鶴竜が2場所連続の優勝。

そして栃ノ心の大関昇進が決定。

おめでとうございます。

 

いろいろ問題がありましたが、連日の満員御礼。

この相撲人気には驚かされます。

慢心せずに、しっかり組織の改革をして欲しいものです。

 

・・・・・

 

そして力士が飲むものと言えば「日本酒」というイメージ。

そこで今回は久しぶりに日本酒を紹介します。

 

そういえば…。

横綱が暴れた飲み会では…、

「ビール(瓶)」とか「シャンパン(ボトル)」も出てきましたね…。(苦笑)

 

・・・・・

 

山形県鶴岡市にある「亀の井酒造」

「くどき上手」ブランドで有名な蔵が造る、超辛口の吟醸生酒。

通称「黒ばくれん」と呼ばれています。

f:id:kimama2016:20180515100338j:plain

f:id:kimama2016:20180515100400j:plain

 

どんなお酒か?

「黒ばくれん」は生酒の吟醸酒

使用米は、幻の米と言われた「亀の尾」

ラベルを見ると「亀の尾を55%使っている」ように見えますが…。

f:id:kimama2016:20180515100430j:plain

f:id:kimama2016:20180515100444j:plain

裏を見ると「亀の尾100%使用」とのこと。

55%は精米歩合ですね。

日本酒度は…。

一般的に「プラス20」と認識されていますが、ラベルには「+15~+20」の表記。

超辛口には違いないですが、多少の前後はあるようです。

酸度は1.1。

アルコール度数、18~19度。

なかなかパンチの効いた日本酒ですね。

 

ちなみに「ばくれん(莫連)」とは…。

「親の言うことを聞かずに、好き勝手にしている女」の意味だそう。

俗にいう「あばずれ」ってやつですね。

なぜそんな名前にしたのかは分かりませんが…。

ラベルに描かれた女性といい、インパクトは強い一本です。

 

テイスティングして見ます。

一升瓶の半分以上残っていたので、ちょっと油断してました。

先日、男性4人組に一晩で飲み干されることに…(汗)

瓶の底にわずかに残ったもので、テイスティングして見ます。

 

生酒のフルーティーさがある。

キレの良い後味。

そこまで辛いという感じは無い。

 

ごめんなさい。

ここまでしか感じられませんでした。

 

致し方ないので、通販サイトのコメントを一部紹介します。

「香りは穏やか。口当たりは滑らか」

「喉元を通り抜ける時のシャープな切れ味が抜群」

「辛さの余韻が心地よく染みわたります」

そんなところでしょうか。

 

・・・・・

 

この「ばくれん」は生酒の「黒ばくれん」ですが、

火入れの「赤ばくれん」の方が一般的かも知れませんね。

f:id:kimama2016:20180528091214p:plain

また、山田錦を使った限定酒「白ばくれん」もあるそうです。

入荷したら紹介します。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。