K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ブレットバーボン』西部開拓者のウィスキー。

常連さんにバーボン好きの男性がいる。

最初は自分で選ぶのだが、途中からだいたいおまかせになる。

今夜も同様。

何杯目かにお出した一本がこちら。

f:id:kimama2016:20170914001518j:plain

まずボトルがカッコイイ。

写真ではわかりづらいのだが…

曲線が美しい。

なんとも言えない「美」を感じる。

 

また手ざわりにもウットリする。吸いつくような滑らかさ。

ずっと触っていたい。(変態…?)

ボトルに刻まれた文字もいい感じだ。

 

【ブレットバーボンについて】

1700年代にフランスから移住したオーガスタ・ブレット氏。

母国のブランデー造りを参考にバーボンを造り始めた。

彼は1860年に事故で亡くなり、製造終了となる。

しかし1987年、氏のひ孫にあたるトム・ブレットが当時のレシピで復活させた。

 

127年ぶりの復活か。

かなりの時間が経っている。

よく復活できたものだ。と言うか、よく再現しようと思ったな。

その情熱に感服する。

 

そしてこのバーボン…

米国の開拓時代(1860年代~1890年代)

西へと向かう開拓者たちが好んで持って行ったらしい。

その後、いつしか開拓者のWhiskyと呼ばれるようになったそうな。

 

 あれっ?

1860年から製造してないのでは?

恐らく樽の中で熟成中だった原酒を、瓶詰して販売したのだろう。

あくまで想像だが…。

 

・・・・・

 

アルコール度数は45%。

コーン68%、ライ麦28%、大麦4%と、ライ麦比率の高いWhisky。

6年以上熟成した原酒のみを使用。

 

ちなみにバーボンは…

「原料にトウモロコシを51%以上使うこと」と決められている。

実際にはトウモロコシを70%前後使うものが多い。

(トウモロコシを80%以上使うと「コーンWhisky」になる。)

 

トウモロコシ以外は、ライ麦、小麦、大麦麦芽などを混ぜて使う。

このWhiskyはライ麦を多く使っている。

 

テイスティング

ストレートで。

香ばしい麦の香りを感じる。

口に含むと甘みを感じるが、軽快ですっきりとした甘さ。

滑らかでスムーズ。

クリアでドライな印象。

色々なシーンに合いそうな、バランスの良さが感じられる。

 

・・・・・

 

開拓時代、西へと向かう人々とともにあったWhisky。

その味を忠実に再現しているらしい。

 

「ストーリーのあるお酒」はいいね。

飲みながらイマジネーションが膨らむ。

またお客様との会話のきっかけになったりもする。

 

フロンティアを夢見た人々に想いを馳せながら、味わいたいお酒である。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブレット バーボン 45度 箱なし 700ml 並行
価格:2660円(税込、送料別) (2022/5/10時点)