K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『バッファロー トレース』荒々しいイメージとは裏腹に、落ち着いた味わいのバーボンです。

K’s MENU Note

FILE 166

『BUFFALO TRACE』

 

昨日、こんな報道がありました。

www.sankei.com

以前からウイスキーの原酒が不足しているとの認識はありましたので、特段驚きもありませんし、どっちにしろ、ほとんど手に入りません。

 

サントリーさんは、自分でウイスキーブームを仕掛けたハズなのに…、

なんだか自分で自分の首を絞めるような感じになってしまいましたね。

 

熟成に時間がかかるウイスキー

当分、この状態は続くのでしょう。

いや、もっとひどくなるのかも。

 

今、おすすめのウイスキーは?

こんな時は、無理に日本のウイスキーを飲まなくてもいいでしょ。

個人的にはアメリカの「バーボン」がおすすめです。

新樽を使うので、比較的早く熟成が進むバーボン。

一部、入手困難(=高値)となっている銘柄もありますが、相対的にお得感があります。

「バーボン」を試すには良い機会ではないでしょうか。

 

さて、今回紹介するのは、そんなバーボンの中から1品。

バッファロー トレース」です。

f:id:kimama2016:20180516002055j:plain

f:id:kimama2016:20180516002107j:plain

f:id:kimama2016:20180516002118j:plain

手でちぎったような感じのラベルがカッコいいですね。

力強いバッファローの画が描かれています。

 

 

どんなお酒か?

以前は「エンシェントエイジ」という名の蒸留所でした。

それが1999年にバッファロートレース蒸留所」へ変更。

そのフラッグシップとして発売されたのがこちら。

 

8年以上熟成された樽を厳選し、ヴァッティングしています。

コーン80%、ライ麦と大麦麦芽が各10%。

アルコール度数は45%。

 

テイスティングして見ます。

まず香りから。

穀物の深くていい香りがします。

香ばしい感じよりは、しっとりした落ち着いた香り。

ちょっとスコッチを彷彿させます。

 

味を見ます。

滑らかでしっとりした甘み。

フィニッシュに鼻腔に抜ける香りがバーボンらしさを残します。

 「バッファロー」の荒々しさとは対照的に、とても円やかで落ち着いた味わい。

初心者の方にもおすすめしたい一本です。

 

・・・・・

 

ちなみに、蒸留所が建っているケンタッキー州リーズタウン。

かつて野生のバッファローの通り道(トレース)だったそうです。

ラベルのちぎった感じも「トレース」のイメージなのでしょうか?

 

・・・・・

 

日本のウイスキーとは一線を画す「バーボン」。

甘みが強く、穀物の香りや香ばしさが特徴。

アルコール度数も50%前後のものが多く販売されています。

 

繊細というよりは荒々しい。

軽快というよりは重厚。

変化球というよりは直球。

 

良い意味で「アメリカらしさ」が感じられます。

この機会に「バーボン」を試してみてはいかがでしょうか。

 

なお当方、アメリカ政府とも、バーボン製造者とも、何の利害関係もございません(笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。