K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ワイルドターキー』アイゼンハワー大統領も愛飲した、アメリカを代表するウィスキー。

K’s MENU Note

『WILD TURKEY 8

 

今回はメジャーなバーボン。

「ワイルドターキー」

スタンダードな8年物を置いている。

アルコール度数は、50.5度。

アイゼンハワー大統領が愛飲していたことで有名になったWhiskyだ。 

f:id:kimama2016:20171022231016j:plain

「ワイルドターキー」の特徴は?

通常より低めのアルコール度数で蒸留されること。

「80度以下で蒸留すること」と決まっているが、ターキーは60~65度で蒸留される。

熟成時の度数は約55度。

ボトリング時も低めの度数になるので、加水量を抑えられる。

それゆえ風味を損なうことなく「原酒に近い味わい」を残している。

f:id:kimama2016:20171022231031j:plain

テイスティング

その名の通り「ワイルド」な味わいのイメージを持っていた。

刺激的で荒々しい、口の中で暴れるような…。

しかし、今回ちょっと印象が変わった。

思ったよりも穏やかなテイストである。

 

度数50.5度には感じられない、柔らかい口当たり。

甘さは深い甘みというよりは、スッキリしたドライな甘み。

香りは強めで、カラメル香?を主に感じる。

アフターに鼻腔に抜ける香味が、バーボンらしさを物語る。

ボディはミディアムといった所か。

 

・・・・・

 

最近、バーボンを飲む度にその印象が変化する。

 

繊細でデリケートな「スコッチ」に対し、荒々しく刺激的な「バーボン」

そんなザックリしたイメージを持っていた。

 

そもそもバーボンって…、

荒くれたガンマンが、酒場でボトルを置いて飲んでるような印象がある。

そしてすぐ決闘や撃ち合いが始まる。

まぁ、西部劇の話しだが…。

 

そんな荒々しい印象とは裏腹に、円やかな風味のバーボンも数多い。

どちらを選ぶかは好みだが、最近は優しい味わいのものがいい。

 

私のココロが荒くれているのか?

はたまた加齢の影響か…。

 

刺激よりは癒しが欲しい、今日この頃である。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイルドターキー 8年 50度 700ml 正規
価格:2442円(税込、送料別) (2020/8/16時点)