K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オールド ファッションド』古典的スタイルのカクテルながら、新たな変化も楽しめます。

K’s MENU Note

FILE 283

『OLD FASHIONED』

 

時代が変わりました。

それに便乗して、私もいろいろ変えたい。

最近のテーマは「チェンジ」です。

 

着るもの、食べるもの、飲むもの、生活空間、働き方…。

凝り固まったルーティーンを解きほぐして、日常生活に新風を吹き込みたい。

 

仕事中の私のトレードマークは「ハンチング」です。

開店以来、そのスタイルを貫いてきました。

この機に変えてみようと思う。

キャップ?ハット?バンダナ?

悩んでいる時に目に留まったのがこちら。

ダイソーの「長いタオル」。

f:id:kimama2016:20190517083534j:plain

「そうだ!タオルで行こう!」

コレを頭に巻くスタイルに変えて見ました。

お客様の反応はマチマチですが…。

まぁ、いいのです。

「いつもと違うこと」がちょっと面白い。

そんなささやかな「チェンジ」で何となく過ぎていく日常を変えたいのです。

 

ならばこのブログのスタイルも変えるべき?

それもアリだな。

まぁ、そのうちに(苦笑) 

 

そんな変化を求める私ですが、昔から変わらぬスタイルを貫くお酒があります。

「オールド ファッションド」

f:id:kimama2016:20190418085608j:plain

その名の通り、古典的なウイスキーベースのカクテル。

カクテルブックを紐解くと…。

 

使うウイスキーは「ライ」または「バーボン」。

オールドファッションドグラスに角砂糖を入れ、ビターズ2dashesを振る。

氷を入れ、ウイスキー45mlを注ぐ。

フルーツを飾り、マドラーを添える。

f:id:kimama2016:20190418085623j:plain

マドラーで果実を絞ったり、砂糖を混ぜたりして、好みの味を楽しむスタイル。

バリエーションは豊富で、基本を崩さなければOK。

f:id:kimama2016:20190418085639j:plain

 f:id:kimama2016:20190418085655j:plain

テイスティングしてみます。

そのまま飲む。

柑橘は香るが、バーボンロックと変わらない。

 

果実を搾ってみる。

それほど搾れた感じが無い。

それでもライムのテイストが、爽やかさをもたらす。

かなり強く搾らないと果汁が出ないが、力を入れすぎて事故る危険も(汗)

 

砂糖を溶かすと、グッと飲みやすくなる。

カクテルには甘みと酸味のバランスが重要だと再認識させられる一瞬。

果実の潰し方によって、味の変化が楽しめるカクテルだ。

 

・・・・・

 

「基本は崩さずに、変化を楽しむ。」

 

アイデンティティを失わず、チェンジすることを恐れない。

 

このカクテルのように生きられたら素敵ですね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。