K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『マンハッタン』NYの夕日を彷彿させる真紅の一杯。

夜の営業(20時まで)を再開し2週間。

この時間帯では期待薄だったが、それなりにお客様はやって来る。

びっくりしたのは、いわゆる「同伴客」がちらほら来ること。

キャバクラとか営業してるのかね? 

 

さて、今回はこちらのカクテル。

f:id:kimama2016:20210605202308j:plain

【スタンダードな処方】

  • Rye Whisky     45ml
  • Sweet Vermouth     15ml
  • Aromatic Bitters     1dash

ステアしてカクテルグラスに注ぐ。

マラスキーノチェリーを飾る。

 

ベースのWhiskyはライ、又はバーボンを使う。

好みでレモンピールを。


使うお酒はこちら。

f:id:kimama2016:20210605202216j:plain

「カクテルの女王」とも呼ばれる1杯。

名前の由来には諸説あるが…

大統領選の候補者パーティーで生まれたという説が多い。

ヴィジュアル的なイメージは「NYの夕日」だろうか。

 

このカクテルは、ある映画に登場して一躍有名になった。

それが禁酒法時代を舞台にした映画お熱いのがお好き(観てないけど)

汽車の中でマリリン・モンローがこのカクテルを作るらしい。

そんな時代なら無理にカクテルにしなくても、って思うが…

「そんな色気の無いことは言わないの!」ってマリリンに叱られそうだ(苦笑)。

f:id:kimama2016:20210605202234j:plain

チェリーは省略した。

本当はこんな風に飾る。

これが「夕日」のイメージ。

f:id:kimama2016:20210609093615j:plain

Rye Whiskyのコクのある旨み。

そこにVermouthの丸みとふくらみ。

バーボンの香ばしさ、鼻に抜ける香りを残しつつ…

まろやかに、やわらかに、なめらかに進化したカクテル。

個人的にとても好みのタイプである。

f:id:kimama2016:20210605202330j:plain

・・・・・ 

東京とは言え、郊外にあるウチの店。

こんなド田舎でこの状態なら、都心部は推して知るべし。

新規感染者が増えるのも至極当然。

はたして「令和の禁酒法」は、再発令されるのか!?