K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ポートアスケイグ 100プルーフ』ドライなテイスト。

今年最後の記事になる。

令和元年、いろいろあった。

個人的には、衰えを随所に感じる一年だった。

来年は少し休みを増やそうと思う。

独立して此の方、ひたすら突っ走ってきた。

走りすぎて「休み方」が分からなくなった。

来年はペースを落として休むことを思い出したい。

 

さてラストはアイラMaltで締めよう。

f:id:kimama2016:20191226143210j:plain

造るのは「スペシャリティドリンクス」社。

蒸留所名は明かされていない。

「ポートアスケイグ」はカリラ蒸留所近くの港町の名前である。

 

今回はイングリッシュ・ハイPROOFでボトリングされた一本。

100°PROOF=57.1%の度数だ。

f:id:kimama2016:20191226143230j:plain

グラスに注いでみると…。

Whiskyとは思えない透明感。

f:id:kimama2016:20191226143646j:image

f:id:kimama2016:20191226143658j:image

スモーキー香はなかなか強い。

フルーティな香りも隠れていて、攻撃的な感じはない。

柔らかくまろやかなピート香だ。

 

しかし口に含むと強烈なアタックを仕掛けてくる。

強いアルコール感が舌にビリビリ来て、味が分からない。

探していると、今度はスモーキーな含み香が上がって来て益々分からなくなる。

しばらくしてようやく味にたどり着く。

これが意外にもまろやかでフルーティ。

そしてやや淡泊な味わい。

余韻も長くはない。

 

加水。

立ち香りは薄れ、スモーク感より果実感が増す。

口当たりがまろやかになり、味に膨らみが出る。

適度に甘みも現れ、明らかにおいしい。

余韻は少し長くなる。

 

全体的にかなりドライで、乾いた印象のアイラMalt。

(中身はカリラではないかと言われている。確かにそんな印象だ。) 

f:id:kimama2016:20191226143248j:plain

・・・・・

2020年はどんなお酒に出会えるか。

楽しみは尽きない。

まずは皆の健康を祈りつつ…。

来年もどうぞ宜しく。