K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ボウモア スモールバッチ』2種類のバーボン樽で熟成させた原酒をマチュアード。

K’s MENU Note

FILE 276

BOWMORE SMALL BATCH』

 

4月も半分が過ぎました。

平成もいよいよフィナーレ…。

30日は多くの方がカウントダウンをやるのでしょうか?

酒屋などでは「令和の乾杯はこのお酒で」的なPOPをよく見かけます。

自分は今のところノープランですが…。

平成最後の夜は、ともに過ごしてきた家族と一緒に居たいですね。

 

さて、今日はアイラモルト

ボウモア スモールバッチ」です。

f:id:kimama2016:20190415162435j:plain

ボウモアと言えば…。

このブログの最初の記事で書きました。

2017年の3月。あれから2年ですか。

自分で言うの何だが、よく続いてると思います(笑)

kimama2016.hatenablog.jp

12年物と並べて。  

f:id:kimama2016:20190415162503j:plain

f:id:kimama2016:20190415162537j:plain

どんなお酒か?

「アイラの女王」とも言われるボウモア

1779年創業。アイラ島最古の蒸留所です。

海に面した立地で、潮風や波しぶきを受けながら、ウイスキーが造られます。

 

ボウモア スモールバッチは…。

ファーストフィル※1と、セカンドフィル※2のバーボン樽で熟成させた、少量生産の原酒を使用。甘くスパイシーな味わいに仕上げたとのこと。

※1(新樽にバーボンやシェリー等を熟成させ、払い出した後の樽)

※2(その空樽で再度お酒を熟成させ、払い出した後の樽)

f:id:kimama2016:20190415162555j:plain

テイスティングして見ます。

12年物と比較して見ます。

 

色は12年(左)の方が、やや濃いめ。

f:id:kimama2016:20190406085150j:plain

香り。

ピートの立ち香はどちらも強くない。

【SB】

やや乾いた印象の香り。

【12年】

しっとり系の香り。フルーティなニュアンスも感じる。

 

味わい。

【SB】

甘みを強く感じる。

直線的な味わいが来て、すっと通り抜けていく。

スモーキーな含み香は弱い。

余韻は適度に鼻孔に残る。

【12年】 

深くしっとりとした味わい。

スモーキーな含み香は、こちらの方が強い。

穏やかな甘みを感じる。柔らかくて優しい。

スモーキーな余韻は思ったよりも短い。

フルーティーな余韻もある。

 

個人的には 【12年】の方が好みです。

ちなみに、現行の12年物は右のラベル。

なんか、リニューアルする度にダサくなっていくような…(失礼)

f:id:kimama2016:20190415162726j:plain

・・・・・

平成の30年間…。

23歳から52歳を過ごした30年。

脳裏に浮かぶのは、家族と過ごした日々のこと。

もう一度胸に刻んで、新たな時代を迎えたいと思います。

 

おや、いい話しだなぁ~。

 

…たまには、ね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[決算ご奉仕品] ボウモア スモールバッチ 並行品 40度 700ml
価格:3480円(税込、送料別) (2019/4/22時点)