K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブルイックラディ ピート』アイラ島にこだわるウイスキー造り。その味わいは…。

K’s MENU Note

『BRUICLADDICH PEAT

 

家の軽自動車が、今年、車検を迎える。

3回目?かな。

確か3月中に切れるはず。

いつもは案内のハガキが来るのに、今年は来ないな~。

こっちから連絡してみるか。

 

いつもの車屋さんに電話する。

「車検の予約をしたいのですが…。」

「〇〇さんですね。検索するので少々お待ちください。」

…。

 

「〇〇さん、車検は来年ですよ。」

「えっ!?」

「去年、やってますので。」

「えぇっ!?」

「2年後なので、来年の2020年ですね!」

「マジっすか!?」

…。

 

年とるとねぇ。こんな感覚もズレて来るのか…。

悲しいというか、恥ずかしいというか…。

 

・・・・・

 

さて、今回は忘れないうちに、以前メニューにあったお酒を紹介しよう。

ブルイックラディ ピート」

f:id:kimama2016:20181121073340j:plain

おそらく10年くらい前に限定発売された1本。

今となっては入手困難。

店のボトルも売り切れ。SOLD OUT。

メモを頼りに記事を書く。

 

どんなお酒か?

ゲール語で「盛り上がった砂浜」を意味するブルイックラディ蒸留所

1881年に設立。

1994年に一度閉鎖されるも、2001年に復活。

その後も独立資本で頑張って来たが…。

2012年、大手のレミーコアントロー社の傘下に。

それでも独自のこだわりは続く。

 

「大麦」にこだわる。

スコットランド産の大麦麦芽のみを使用。

さらにその約半分は地元のアイラ産。

 

「アイラ」にこだわる。

蒸留から瓶詰めまで、一貫してアイラ島で生産。

アイラ島の湧き水を利用し、海岸沿いの倉庫で熟成。

 

「本物」にこだわる。

人口着色料は一切使用せず、自然な色合い。

人口甘味料やカラメルなども、一切使わない。

 

「手造り」にこだわる。

昔ながらの設備を使い、電子機器は一切使用しない。

職人の手によって、ゆっくり時間をかけて造られる。

 

・・・・・

 

紹介するのは、その名の通り「ピート」を効かせた一本。

アメリカン・オークのバーボン樽で熟成の後、アイラ島の雪解け水で加水。

アルコール度数46%でボトリング。

荒々しい「海」のラベルが目を引く。

f:id:kimama2016:20181121073419j:plain

テイスティング

なかなかのピート感。

スモーキーというよりは、ゴム感に近いかな。

 

味わいはドライで、甘みは少ない。

香ばしいナッツのような風味も。

鼻に抜けるピート感は穏やかで、余韻は短い。

  

思ったよりも穏やかな印象。

ラベルにあるような荒々しい自然のイメージは湧かない。

開栓してから時間が経っているので、さすがにヘタっているのかも…。

f:id:kimama2016:20181121073500j:plain

・・・・・

年とともに物忘れが多くなる今日この頃。

いつかこのブログが役に立つかも知れませぬ。