K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『タリスカー10年』スカイ島で造られる男性的モルト。

ちょっと前の記事で「Single Maltが売れない」と書いた。

すると途端にオーダーが増えてきた。

不思議なものだ。

その中から今回はこちら。 

f:id:kimama2016:20191105141333j:plain

Scotland西側にあるスカイ島

面積は約1700平方キロメートル。アイラ島の3倍くらい。

結構大きいのだが、稼働している蒸留所はひとつだけ。

それがタリスカー蒸留所

 

スカイ(skye)は「空」ではなく、ゲール語「翼」を意味する。

島の形が、鳥が翼を広げたように見えることに由来するらしい。

また、濃霧に覆われる日が多いので、別名霧の島の名も。

 (有名なあの焼酎とは関係ない)

f:id:kimama2016:20191105141418j:plain

タリスカーの名はバイキングの言葉で傾いた大岩という意味。

スカイ島の画像を検索していたら、こんな写真が。

傾いた大岩?

f:id:kimama2016:20171113003601j:plain

どうやら蒸留所は、ごつごつした岩が多い、島の西海岸にあるらしい。

タリスカーはスカイ島の自然が育むWhiskyと言ってもよいのだろう。

 

ストレートで。

深いMaltの香りがいかにもSingle Maltらしい。

その後ろ側に果実香が潜んでいる。

とってもいい香り。

ピートの立ち香はない。

 

口に含むと、まず甘みが広がる。

しっかりしたボディ。

ピリッとくるアタック(黒胡椒様と称される)。

ドライで重厚な酒質。

鼻孔には心地よいピートの香りが抜ける。

(飲んだ時に初めてピートを感じた。アイラMaltとの違い。)

アフターはフルーティな余韻を残しながら消えて行く。

 

わずかに加水すると、青リンゴのような果実の香りが一気に広がる。

口当たりが優しくなって、飲みやすくなる。

f:id:kimama2016:20191105141450j:plain

荒々しくパンチがありながら、繊細で複雑。

Maltらしいしっかりとした味わい。

かなり好みのタイプである。

 

できれば非日常的空間で味わいたいものだが…。

そうもいかないのでお店での味見で我慢しよう。

せめてスカイ島の圧倒的な自然や海の力を頭に描きながら…。

 

※ボトルデザインが変更になった。悲しいかな、価格も高騰。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【お一人様1本限り】 タリスカー 10年 45.8度 箱付 700ml 正規
価格:6160円(税込、送料別) (2022/10/7時点)