K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『メーカーズ・マーク』封蝋が光るクラフトバーボン。

今では常連となったTY氏。

最初は「つわもの」と呼ばれていた。

アラサー男子の彼は、バーボンをストレートで飲む。

MAXで一晩に10杯!

そして意外と平気そうにしているのだ。

まさに「つわもの」

今回は、そんな彼も好みのバーボン。

f:id:kimama2016:20171102095315j:plain

機械による大量生産を行わず、手造り・少量生産にこだわる蒸留所。

「Whiskyは最高の原料を使って人の手で少量生産する」

というポリシーを守り続けている。

f:id:kimama2016:20171102095329j:plain

このWhiskyの最大の特徴は…

手造りの証しの「封蝋」

一本一本、手作業で、溶かしたワックスで封をしていく。

なので、ふたつと同じものが無い。

 

店にあるのは、スタンダードな赤い封蝋レッドトップ

f:id:kimama2016:20171102095435j:plain

「ブラック・トップ」「ゴールド・トップ」もあったが、販売終了している。

この赤い封蝋はなかなかにImpactがあって、店でもよく目立つ。

f:id:kimama2016:20171102095412j:plain

深く甘く香ばしい香り。

穀類やバニラのニュアンス。

とってもいい香り。

 

深く染み込むような甘み。

思いのほか柔らかい口当たり。

度数(45%)の割りには優しい印象。

鼻孔に抜ける香味も穏やかで、バーボンの荒々しさは影を潜めている。

 

調べて見ると、甘みの強い「冬小麦」を使用しているとのこと。

マイルドで繊細、女性的とのキャッチコピーが目に付く。

 

・・・・・

 

場面を選ばず、いろいろな飲み方が楽しめる。

それがWhiskyのいいところ、だが…

長い年月をかけて世に出てくるお酒。

ならばゆっくりじっくり味わいたい。

 

少量をゆっくりと、口の中で転がす。

五感を働かせ複雑な味や香りを探す。

豊かな余韻にどっぷりと浸る。

そのお酒が育まれる自然や背景にイマジネーションを働かせる。

 

「歴史を飲む」と言われるWhisky。

人生を豊かにするパートナーとして長く付き合って行きたいものだ。