K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『薩摩茶屋』村尾酒造のレギュラー芋焼酎。その味はいかに…。

K’s MENU Note

FILE 65

芋焼酎『薩摩茶屋』

 

最近、本格焼酎の品揃えも増やしつつあります。

 

その中の1本がこれ。

 

村尾酒造「薩摩茶屋」

そう、あのプレミアム焼酎「村尾」を造る村尾酒造のレギュラー焼酎がこちら。

常圧蒸留、麹は黒麹です。

 

f:id:kimama2016:20170718235442j:plain

 

プレミアムの付いた「村尾」はさすがに高くて置けませんが、こちらは通常価格で仕入れられるので、ラインアップに加えてみました。

 

テイスティングして見ます。

 

まずストレートで。

芋の香り、風味をしっかり感じますね。

鼻に抜ける芋の香りと、優しい甘みが広がります。

黒麹としては軽めの酒質で、特有の香りはありますが、飲みやすい印象です。

 

ロック、水割りにしても、風味がしっかり。

 

お湯割りにすると、まろやかさが増していきます。

風味はしっかり残りますが、決して重すぎず、心地よい「芋感」ですね。

 

 

マスターの最近の好みは…。

 

実は最近、黒麹のどっしりとした酒質の芋焼酎が、少々苦手になっています。以前は「黒麹」の芋焼酎ばかり飲んでいたので、その反動でしょうか?

「白麹」の軽めでスッキリした焼酎の方が、美味しく感じます。

 

ワインも同様ですね。以前はフルボディの赤ワイン、特に渋くて重いやつが好みでしたが、最近はライトなもの、あるいは白ワインの方が好きになってます。

 

好み(味覚)は変わっていくものなのでしょうか?(加齢により…)

 

でも、この「薩摩茶屋」は黒麹でも美味しく飲めました。

 

 

そして今後の展開は…。

 

プレミアム焼酎のような高額なものは仕入れません。

適性な価格で美味しい焼酎を揃えて行きます。

 

何より蒸留酒なので、酒質が安定しているのが嬉しいです。

(日本酒は取り扱いに何かと気を使います。特にこの時期は…。)

 

 

薩摩茶屋のお湯割りを飲みながら書いていたら、睡魔に襲われて来ました。

支離滅裂になりそうなので、この記事はこれで終わりです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。