K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ジンライム』夏におすすめのカクテル。ベースのお酒「ジン」についても少々。

K’s MENU Note

FILE 66

『Gin』

 

昨夜、ジンライムのオーダーがありました。

 

ドライジン 45ml

ライムジュース 15ml

ロックスタイル。

 

シンプルですが、美味しいカクテルです。

特に夏の暑い時期にはオススメ。

アルコール度が強めで、サッパリ爽快なカクテル。

それが「ジンライム」です。

 

 

そして、このカクテルに使うお酒が「ドライジン」

写真のような銘柄を置いてますが、通常は左から2番目の「ビフィーター」を使います。

 

f:id:kimama2016:20170721002748j:plain

 

ドライジンとは?

 

大麦、ライ麦、とうもろこしなどの穀類を主原料にした蒸留酒

ジュニパーベリー(ねずの実)で香り付けされています。

現在の主流は「ロンドン・ドライジン」と呼ばれ、連続式蒸留器で蒸留したあと、ジュニパーベリーやボタニカル(薬草成分)などの副原料を加えて、単式蒸留します。

 

スッキリしたキレの良い味わいと、香草の香りが特徴で、いろいろなカクテルのベースとして使われます。

 

 

メニューとしてのジンライムは?

 

ジンとライムは抜群の相性です。

ジンのシャープな味わいと、ライムの円やかな酸味と香り。

それをスピリッツ3:1果汁の黄金比で配合するので、間違いないですね。

 

 ジンを使ったスタンダードなロングカクテルとしては、

ジンバック(ジン+ジンジャーエール

ジンリッキー(ジン+ライム+ソーダ)

の2品をメニューに載せています。

ジントニックは、トニックウオーターの扱いが難しいので、載せていません)

 

それらに比べると、ジンライムはロックスタイルですので、アルコール度がかなり高い。(ロングカクテルは10度くらい、ジンライムは25度くらい

ジンライム」という名前自体はメジャーなので、なんとなく名前で注文したところ、飲んで見てアルコールの強さにびっくり!というような方がたまにいらっしゃいます。

そんな時はソーダアップなど、飲みやすいカクテルにリメイクしてお出しします。

その前に、お酒があまり強くなさそうな方には、アルコール度数の高いことをお伝えするようにしていますが…。

 

・・・・・

 

ちなみに、ジンライムの配合にシュガーシロップを1ティースプーン加え、シェークを施すと、ギムレットというショートカクテルになります。

こちらも甘み、酸味のバランスが抜群に良い、とても美味しいカクテルです。

 

 

暑い夏の夜、ジンのシャープな味わいは、心身ともにリフレッシュさせてくれるでしょう。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。