K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ジン & イット』あの「マティーニ」の原型と言われるカクテルを紹介します。

K’s MENU Note

FILE 73

『Gin & It

 

先日「マティーニ」とその材料の「ベルモット」について書きました。

今回はそのマティーニ」の原型と言われるカクテルについてです。

 

 

マティーニの原型とはどんなお酒か?

 

昨今のマティーニのレシピは、ジン+ドライベルモットですが、その原型と言われるジン&イットは、ジンとスイートベルモットを1:1で合わせます。

 

ジン&イット「It」スイートベルモット、つまり「イタリア生まれのベルモット「イタリアン」から来ています。

 

そしてこのカクテルは、シェークとか、ステアなどで仕上げるのではなく「直接グラスにお酒を注ぐ」というもの。

冷凍の技術が発達した今でこそ、「氷」は簡単に手に入りますが、昔はそうはいかず、当然シェークなども出来ないわけでして、そのまま混ぜ合わせる、という処方になったのではないでしょうか。

 

f:id:kimama2016:20170803001851j:plain

 

f:id:kimama2016:20170803001814j:plain

 

f:id:kimama2016:20170803001915j:plain

 これが「マティーニの原型」と言われるカクテルで、その後時代とともに、甘口のジン&イットから、ドライベルモットを使う、辛口のマティーニに変化していきました。

 

 

試作&テイスティングしてみます。

 

お酒は冷やして置きました。

氷が融けて量が増える心配が無いので、小さめのカクテルグラスを使います。

そのままグラスに注いで出来上がり。

今の時代の感覚ではカクテルと言えるのか微妙ですね。

 

色は美しい赤褐色。マンハッタンを彷彿させます。

アルコール度数は28度くらい。

 

 

味は、甘いです。スイートベルモットの味に大きく引っ張られています。

そして温度が上昇すると、甘みをさらに強く感じ、酒質も重く感じます。

アルコールも強く、けっして飲みやすいカクテルではないです。

 

シェークやステアでキリッと冷やして飲んだら、もっと美味しいだろうな、と思いつつも、昔の人が飲んでいたであろうカクテルに想いを馳せながら、味わってみました。

 

 

お店での「ジン&イット

 

お店のメニューには載せていません。

裏メニュー、というよりは、話のタネ的に使うことがあります。

 

食後にスイートベルモットを使った甘めのカクテルを飲むなら…

バーボンベースの「マンハッタン」

スコッチベースの「ロブ・ロイ」

ブランデーベースの「キャロル」

などがありますので、こちらをおすすめします。

 

・・・・・

 

マティーニ」にまつわる話はキリがありませんね。

 

レシピでけだも数百種類あるとも言われ、アレンジメニューも数限りない。

シンプル故の奥深さ。

まさにカクテルの王様。

 

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。