K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ジン & イット』マティーニの原型と言われる一杯。

今回は「Martini」の原型のカクテル。

f:id:kimama2016:20170803001851j:plain

昨今のMartiniの処方は…

Gin + Dry Vermouth

その原型「Gin & It」の処方は…

Gin + Sweet Vermouth ( 1 : 1 )

 

Gin&It の「It」は Sweet Vermouth

つまりイタリア生まれのVermouthイタリアンから来ている。

 

そしてこのカクテルは、シェークとかステアなどで仕上げるのではない。

直接グラスにお酒を注ぐのだ。

冷凍の技術が発達した今でこそ「氷」は簡単に手に入る。

しかし昔はそう簡単にはいかず、当然シェークなども出来ない。

そんな事情から「そのまま混ぜ合わせる」という処方になったのではないか。

f:id:kimama2016:20170803001814j:plain

これが「Martiniの原型」

その後、嗜好は甘口から辛口へ。

「Gin & It」から、Dry Vermouth を使う、辛口のMartiniに変化していく。

f:id:kimama2016:20170803001915j:plain

試作してみる。

素材は冷やしておいた。

そのままグラスに注いで出来上がり。

今の感覚でカクテルと言えるか?

 

色は美しい赤褐色で、マンハッタンを彷彿させる。

アルコール度数は28度くらい。

 

味は、きわめて甘い。

Vermouthに大きく引っ張られる。

そして温度が上昇すると、甘みをさらに強く感じ、酒質も重く感じる。

アルコールも強く、けっして飲みやすいカクテルではない。

 

シェークやステアでキリッと冷やしたら、もっと美味しいに違いない。

そう思いつつも…

昔の人々に飲まれていたカクテル。

その時代に思いを馳せながら…。

  

・・・・・

 

Martiniにまつわる話はキリがない。

レシピでけだも数百種類あるとも言われ、アレンジメニューも数限りない。

シンプル故の奥深さ。

まさにカクテルの王様である。