K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『日高見』宮城県の港町「石巻」のお酒です。やっぱり魚介類との相性が抜群ですね。

K’s MENU Note

FILE 94

宮城『日高見 純米酒

 

2回続けて東北、宮城のお酒です。

宮城県石巻市にある平孝酒造さんの「日高見」

 

石巻」について少々。

 北上川の河口に開けた港町、石巻

三陸海岸で水揚げされる新鮮な魚介類、そして震災での大きな被害が連想される町。

 

先月の宮城旅行の際に、石巻の「石ノ森漫画館」に行きました。

ここも旧北上川の中州に建てられた施設で、石巻港が遠くに見えます。

 

この地域はその昔、太陽の恵みを受ける国として「日高見国」と呼ばれていました。その中央を流れる川「日高見川」がのちに北上川と呼ばれるようになったとのこと。その郷土の名前から命名されています。

ですので、「ひかみ」ではなく「ひかみ」です。

アボガドではなく、アボカドです。余談ですが(笑)

 

f:id:kimama2016:20170922002316j:plain

 

「日高見」はどんなお酒か。 

日高見は「食事に合うお酒」という印象を持っています。

以前お正月の宴席で日高見の超辛口純米が出され、それを飲んだ時に「おせち料理によく合うな~」と感じた記憶があります。

こちらは日本酒度+4で普通の辛口ですが、やはり料理と合わせることで、酒も料理も引き立つと思いますよ。魚介類との相性が良いのはもちろん、甘めの料理や味の濃い料理にも合わせたいお酒ですね。

温度帯はやはりぬる燗~上燗。温めて料理とともに味わいたいところ。

 

前回の「蒼天伝」同様、飲むことで少しでも地域を応援できればいいのですが。

 

・・・・・

 

楽しかった「正月」の宴席を思い起こさせる一杯。

この夏、目にした「石巻」の風景を思い出しながら飲む一杯。

一杯のお酒が、様々な記憶やイマジネーションをかき立てます。

人生の歩みと共にあるお酒、自分にとっての大切なパートナーなのです。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。