K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『望 bo: 辛口純米』未来を望む新感覚の日本酒。爽やかな酸が印象的。

K’s MENU Note

栃木『望 bo: 辛口純米 とちぎの星』

 

先月、栃木県を訪れた。

途中、宇都宮で餃子を食べることになった。

f:id:kimama2016:20191120083406j:image

「餃子通り」なる小径がある。

f:id:kimama2016:20191120082021j:image

f:id:kimama2016:20191120082050j:image

訪れたのは、人気店「みんみん本店」。

平日の14時前だが、7~8人の行列。

数件先の「正嗣」も行列。

他の店はガラガラ。

この2店に集中しているようだ。

15分ほど待って店内へ。

期待も膨らむ。

f:id:kimama2016:20191120082105j:image

焼き餃子。

f:id:kimama2016:20191120082117j:image

揚げ餃子。

f:id:kimama2016:20191120082129j:image

水餃子。

この3種類。

価格はいずれも1皿230円。

安いことは安い。

味はどうなんだ?

???

焼き餃子はいたって普通。

他は…。

想像にお任せする。

並んでいる理由が私には分からない。

(※あくまで個人の感想である。)

 

今回はその時に近くの酒屋で購入した地酒を。

「望 bo: 辛口純米 とちぎの星」

f:id:kimama2016:20191120085239j:plain

造るのは、1937年創業。

益子焼で有名な、栃木県益子町に蔵を構える「外池酒造店」。

主銘柄は「燦爛(さんらん)」。

 

「望」は2012年から始まった、流通限定の新ブランド。

「未来の日本酒への挑戦」がコンセプト。

若き杜氏を中心に「伝統技術とデータ管理の両方を駆使した酒造り」に取り組む。 

f:id:kimama2016:20191120085404j:plain

栃木県産「とちぎの星」を70%精米。

完全発酵させた、瓶燗火入れの無濾過原酒。

f:id:kimama2016:20191120085438j:plain

f:id:kimama2016:20191120085505j:plain

f:id:kimama2016:20191120085527j:plain

微発泡感あり。

スッキリした香り。

口に含むと、ハッとする第一印象。

果実系のフレッシュな酸味が広がる。

まさにリンゴを思わせる爽やかさだ。

と同時に、日本酒らしい味わいも同居している。

 

ぬる燗にしてみた。

口当たりは円やかになるが、やはり酸にハッとする。

辛口には間違いないが…。

スッキリ辛口という単純な話しではない。

 

「未来の日本酒の姿を望む」

確かにそんな新しいものを感じる一本である。

f:id:kimama2016:20191120085555j:plain

まだまだ知らないお酒がある。

望ーっと生きてたら見過ごしてしまいそうだ。