K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『花巴』酸にこだわるインパクトの強いお酒造り。旨みと酸のハーモニーが稀有の逸品。

K’s MENU Note

FILE 99

奈良『花巴 酵母無添加 山廃純米 熟成酒 23BY

 

今日はちょっと変わった日本酒を紹介します。

まずはスペックから。

使用米は、岡山県産「備前雄町」を100%。精米歩合65%。

日本酒度+5、酸度2.3。

アルコール度は16度。

山廃の純米酒です。

f:id:kimama2016:20171004010437j:plain

 

変わり種ポイント①「酵母無添加

蔵の中に生息する天然酵母の働きにより、自然に発酵させて造るお酒です。

通常は清酒酵母(協会〇号など)を添加して造られます。

より自然に近い、昔ながらの造り方といえるのでしょう。

ただ、味にバラつきは出ないのでしょうか?ちょっと気になります。

 

変わり種ポイント②「熟成酒」

BYとは「酒造年度」のこと。Brewery Yearの略。

そして7月1日から翌6月30日までを一年間としています。

23BY、平成23年の酒造年度に造られているので、約6年の熟成期間を経ています。

「熟成酒」には興味がありますが、このお酒はさて、どうでしょう?

f:id:kimama2016:20171004010408j:plain

 

変わり種ポイント③「色と味」

「熟成」の効果なのでしょうか?グラスに注ぐと、薄い褐色の液体です。

f:id:kimama2016:20171004010319j:plain

味も独特です。

まず「酸」を強く感じます。その後、熟成香がふわっとたって、後から穏やかな甘みが追いかけてきます。

冷えていると尖った感じです。温めすぎると、香りがきつくなります。

常温で円やかさが増し、人肌程度の燗で旨みを最高に感じました。

このお酒は料理と合わせることで、そのポテンシャルをより発揮できるでしょう。

酸味が強いので、甘めで味の濃い料理がベストマッチ。

飲んでいて「豚の角煮」が食べたくなりました。

 

「花巴」には以前出会っていた…。

kimama2016.hatenablog.com

メインブログの記事ですが、以前都内で飲み歩いた際、日本酒ショットバーのようなお店で、花巴を飲んでいました。今回の熟成酒とは異なり、「水もと」という特殊な造り方をした花巴で、やっぱり酸っぱかったです。

 

・・・・・

 

まだまだ知らないお酒がありますね~。

こういうちょっと変わった主張の強いお酒は嫌いじゃないです。

ただ、お店でのユーザーは限られますね。裏メニューにしておきますか(笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。