K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『角右衛門』幻の米「亀の尾」を使った特別純米酒。まっすぐな味わいが魅力です。

K’s MENU Note

FILE 125

秋田『角右衛門 特別純米 亀の尾

 

日本酒の紹介が続きます。

ウチの店では、日本酒は随時、銘柄が入れ替わります。

さらに日本酒党の常連さんが多く、売り切れるペースが速い。

売り切れてしまうとテイスティングできないので、その前に記事にしなければ…。

そんな思いがあって、最近日本酒の記事が続いています。

 

今回は東北秋田「角右衛門」

「かくえもん」と読みますが、つい「かどえもん」と言ってしまうことが多かったです。

f:id:kimama2016:20171225180300j:plain

秋田県湯沢市にある「木村酒造」は、「福小町」というブランドも造っています。

限定流通の「角右衛門」。

その中で「亀の尾」仕込みの特別純米酒です。

 

スペックは…、

精米歩合60%

日本酒度+1.5。酸度1.4。

酵母は、秋田酵母No.12を使用。

 

「亀の尾」について。

漫画夏子の酒のモデルになったお米で、山形県庄内地方の原産です。

このお米は病気に弱く、また背丈が高くて倒れやすいことから、生産が激減。

のちに新潟の酒造会社が栽培にチャレンジします。

そして昭和58年、純米大吟醸「亀の翁(お)」が生まれました。

(これが漫画「夏子の酒」のモチーフです)

 

このお米はこしひかり、ササニシキあきたこまちなど、多くのお米の先祖でもあります。

近年は栽培も定着した感じですが、亀の尾は硬い米で浸漬に苦労するなど、蔵独自のノウハウや技術が必要で、その差が現れやすい米と言えます。

 

テイスティングして見ます。

香りは穏やかで、すっきりした味わい。

米の感じがストレートに伝わってきます。

透明感がありながら、キリッと力強い、芯の通った日本酒らしい日本酒。

ブレがない、まっすぐな日本酒、そんな印象を受けました。

 

f:id:kimama2016:20171225180319j:plain

 

フルーティでジューシーな日本酒もいいですが、こういうタイプも好きですね。

クリアだけど、いわゆる「端麗辛口」のお酒ではない。

米の力で直球勝負!そんな強さを感じるお酒です。

「亀の尾」を使った他のお酒も飲んでみたいですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。