K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『るみ子の酒』 一通の手紙から生まれた伊賀のお酒。 人と人のつながりの大切さを感じます。

K’s MENU Note

FILE 150

三重『るみ子の酒  純米吟醸

 

明日は春分の日

いよいよ「春」到来ですが、今日は朝から雨模様。

気温も低く、冬に逆戻り? まさに三寒四温

体調管理には気を付けたいところです。

 

「春」といえば、生活に変化の起きる季節。

「別れ」と「出会い」の交錯する、ちょっとセンチメンタルになる時期ですね。

ウチの娘も専門学校を卒業して、来月からいよいよ社会人の仲間入り。

苦労は多いと思いますが、なんとか乗り切って欲しいところです。

そしていつか一緒に盃を傾けたいと願っています。

 

さて、今回紹介するのはこちら。

るみ子の酒  純米吟醸

三重県伊賀のお酒です。

f:id:kimama2016:20180320073758j:plain

f:id:kimama2016:20180320073819j:plain

ネーミングとラベルデザインが特徴的。

このお酒は漫画「夏子の酒」の作者、尾瀬あきら氏との出会いから生まれました。森喜酒造場の森喜るみ子さんが、尾瀬あきら氏に一通の手紙を送ります。

酒蔵の跡取りとして生を受けたるみ子さん。お父さんが病に倒れ、急遽、後を継ぐことになります。その時3人目のお子様を身籠っていました。

「これは放っておけない」。それを聞いた尾瀬氏と親しい蔵元や酒屋さんが、伊賀に飛んで助言したり、仕事を手伝ったりします。また尾瀬氏自身も、お酒の命名やラベルの作成を行うことになります。

・・・・・

そして生まれた「るみ子の酒」。そしてこのラベルデザイン。

その背景を知らないと、「狙ってるんじゃねぇ?」「パクリじゃねぇ?」と思われそうです。飲み屋の店主としては、そういった背景も含めて、お客様に伝えるようにしていきたいと思います。

 

テイスティングして見ます。

適度な吟醸香

ジューシーな旨みが口一杯に広がったあと

後味が綺麗に優しく切れていく。

ぬる燗だとジューシーさが増して甘みを強めに感じました。

米の印象もややはっきりと感じます。

冷やだと多少角のある感じが、温めると角が取れて円やかになる印象です。

その分、冷やではすっきり、温ではやや重たく感じます。

このあたりは、好みですね。

f:id:kimama2016:20180320082303j:plain

 

・・・・・

 

尾瀬あきら氏と森喜るみ子さんの、素敵な出会いと繋がりから生まれたお酒。

人と人とが出会い、つながること。

そこから生まれる、かけがえのないもの。

そんな目に見えないものに感謝をし、大切にしたいなと、感じさせらた一本です。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。