K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オークマイスター 樽薫る』ハイボールに最適。コストパフォーマンスも良好です。

K’s MENU Note

FILE 149

キリン 『オークマイスター 樽薫る』

 

お店で一番出るお酒は「生ビール」。

その次に出るのが「ハイボール」です。

 

ハイボールといえばウイスキーの炭酸割り」というイメージですが、

もともとはスピリッツなどのアルコール類を炭酸系飲料で割ったものの総称。

日本では「焼酎」を炭酸で割ったものを、「焼酎ハイボール」=「酎ハイ」と呼んでます。

 

その「ハイボール」ですが、今のように一般化したのは、もう10年近く前でしょうか?

サントリー「角ハイボールを大々的にPRし始めてから、ブームになりました。

 

ウチの店でも「角ハイボールとしてメニューに記載していたのですが…。

ある時期からサントリー商品の値上げが激しくなりました。

 

「この仕入れ価格だと、ちょっと厳しいなぁ~」

 

そんなとき、ふと思ったのですが、

「あえて角を使い続ける理由ってあるのかな?」

「他にも角より割安で、おいしいウイスキーがあるのではないか?」

「何もサントリーの値上げに付き合う必要は無い。」

 

そして新たにハイボールに適するウイスキーを探していて出会ったのがこちら。

キリン オークマイスター 樽薫る

f:id:kimama2016:20180318013813j:plain

ハイボール用に大容量の4Lのペットボトルを仕入れています。

f:id:kimama2016:20180318013838j:plain

キリンが造るブレンデッド・ウイスキー

内側を焦がしたオーク樽で熟成することにより、華やぎのある薫香を楽しめるとのこと。

 

価格を4Lタイプで比較すると…、

サントリー 角 」 6,600円

「キリン 樽薫る」  5,200円

これくらいの差があります。

楽天市場での最安値帯)

 

さて、その味わいですが…。

まず、ストレートで。

香りも味わいも、いたってシンプルです。

それでもこの価格帯のウイスキーとしては、それらしい香りがあります。

微かに樽薫る?気がしないでもないが、微妙です。

甘やかな風味。甘味を強めに感じます。

 

 

炭酸で割って見ます。

クセはありませんが、すっきりというよりは、しっかりウイスキー感を味わえる。

この価格帯ではなかなか無い感覚だと思います。

軽くレモンを搾ると、すっきり感が増してグッと美味しくなります。

店の「ハイボール」として十分満足頂ける味ですね。

 

ハイボール用としては十分ですが、シングルモルトと比べると複雑さは皆無です。

奥行きが浅く、平坦な印象。

まぁ、当たり前ですし、それを期待している訳ではありませんが…。

 

・・・・・

 

たかがハイボール。されどハイボール

すこしでも安く、おいしいものを提供したい。そう願って止みません。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。