K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『八海山』 水と雪と大地が織りなす、魚沼の大自然。 そこから生まれる穏やかなお酒です。

K’s MENU Note

FILE 158

新潟『八海山 純米吟醸

 

飲み屋の営業が終わって、帰路につくのが深夜1時頃。

その時間にチャリで走っていると、よくお巡りさんに止められます。

と言っても、防犯登録を確認して、いくつか質問されるだけ。

早く帰りたいのはやまやまですが、国家権力に逆らうこともないでしょう。

潔く受け入れることにします。

 

昨夜も二人組の若いお巡りさんに止められました。

「こんばんは。ちょっとよろしいですか」

「はい、いいですよ」

「おとうさん、こらからお仕事ですか?」

「いやいや、帰るところです」

 

んっ? 何か違和感がある。

 

まず…。

「おとうさん」って呼ぶのは、おかしくないだろうか?

おかしいとは思うのだが…。

では、年上の他人のことを、失礼なく呼ぶ言葉とは??

 

家庭を想定するなら「ご主人」かな。(メイド〇〇っぽい?)

それとも当たり障りなく「旦那さん」ですかね。

いずれにせよ「おとうさん」は無いでしょう。

 

まぁ、飲み屋だったら、とりあえず「社長!」って呼んでおけばOKですが(笑)

 

 

そして夜中の1時近くに

「これからお仕事ですか?」って、どんな仕事を想定しているのでしょうか?

「お帰りですか?」って聞くのが自然でしょう。

それともわざと変な質問をして、その反応を見たりしてるのでしょうか?

ついつい勘繰りたくなってしまう、お巡りさんの言動です。

 

お~と、マズい。

前置きだけで、終わってしまいそうな勢いだ。

急いでお酒の紹介を。

 

今回、紹介するのは、新潟の銘酒、

「八海山 純米吟醸です。

f:id:kimama2016:20180420005050j:plain

f:id:kimama2016:20180420005121j:plain

精米歩合50%、日本酒度+4.0、酸度1.2 。

新潟県の米どころ「魚沼」で造られる、純米吟醸酒です。

 

テイスティングして見ます。 

穏やかな吟醸香

ふくよかな旨みが広がります。

綺麗な酸を感じて、すっ~と身体に染み入ります。

滑らかでクリアな酒質。

 

「淡麗辛口」が想像される「新潟のお酒」。

確かにスッキリ系ですが、綺麗な酒質の中に、米の旨みを十分に感じられるお酒です。

 

・・・・・

 

こういうメジャーなお酒は滅多に仕入れないのですが…、

たまに仕入れてみると、やはりお客様の反応は良いですね。

そして、間違いなく旨い!

時に必要なアイテムだと感じました。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。