K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『臥龍梅(静岡)』徳川家康公お手植えの梅から命名。

お巡りさんによく職質される私。

先日も…。

出勤途中、私の前にチャリのお巡りさん。

同じ方向に向かっているので、まさか職質されないだろう。

ところがそのお巡りさんが突然止まる。

(まさか!?)

「ちょっとよろしいですか?」

(嘘だろ!?)

「またですか~!?」

「すいません。ご協力下さい。」

「はぁ…。」

 

最近色々あって、ちょっとイライラしてるところ。

しかも出勤途中で急いでる。

それでも国家権力には逆らえない。

 

「これから仕事なので手早くお願いします。」

「わかりました。では防犯登録を確認します。…ところで、これからどちらへ?」

「だからっ!仕事だって(言ってるじゃん!)」

…。

 

「自転車、ずいぶん古いですね?」

「えっ!?古い自転車乗ってると違法なんですか?」

こっちもイライラがつのって、ついつい突っかかる。

 

「いやいや、そんなことは…。」

…。

 

「帽子にマスク姿が怪しく見えるんですかねぇ?」

「いや、単なる防犯です。」

 

「防犯」=「犯罪が起こらないように防ぐこと」

つまり、私が犯罪を犯しそうだから、それを防ぐために声を掛ける。

 

…被害妄想だろうか?

 

あぁ、このシリーズはいつまで続くのか?

kimama2016.hatenablog.jp 

kimama2016.hatenablog.jp
kimama2016.hatenablog.jp

 

おっと、またお酒の紹介が疎かに…。

梅の季節は終わりそうだが、今回はこちら。

臥龍梅 純米酒

f:id:kimama2016:20190313001814j:plain

造るのは「三和酒造」さん。

静岡県清水内の3つの蔵元が、1971年に合同で設立。

今回は蔵の定番酒。

f:id:kimama2016:20190313001846j:plain

香りはすっきり。

酒質は少し重めに感じる。

アルコール度数がちょっと高め(16~17度)な所以か。

 

口当たりは滑らか。

どちらかと言えば旨口。淡麗ではない。

かといって濃厚というほどではない。

僅かに熟成香がある。

後味は少しもたつく。

 

軽く温めると、米の旨みが広がる。

悪くはないが、やはりちょっと重く感じてしまう。

f:id:kimama2016:20190313001917j:plain

・・・・・

気分の良い日に飲んだら、もっと違う印象なのかも。

だとしたら申し訳ない。

 

新しいチャリ、買おうかな(苦笑)

f:id:kimama2016:20190313085809j:image

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本酒】臥龍梅(がりゅうばい)純米酒 1800ml
価格:2420円(税込、送料別) (2022/4/17時点)