K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『いづみ橋(神奈川)』有機栽培の玉栄で仕込んだ酒。

3月も半ば。

この時期は「花粉」さえ無ければ、とても気持ちの良い季節。

ランニングには絶好の気候なのだが。

暑くもなく、寒くもない。

湿気もそこそこ。

 

とにかく問題は「花粉」だけ。

自分は発症していないが、その辛さは容易に想像できる。

 

ランニング時は大量の酸素を吸引するので、一緒に花粉も吸いこんで発症するのが怖い。

致し方ないので、マスクを付けて走ることに。

 

当然、呼吸しづらい。

酸欠の危険まである。

それでも「花粉大量吸引」のリスクに比べたら、まだマシ。

高地練習のような効果が期待できたり?

 

とにかく、早いとこ花粉が収束してくれるのを願う。

 

・・・・・

 

そして、いよいよ本格的な「春」間近。

花が咲き、蝶々が飛び交う季節。

さすがに「とんぼ」は飛ばないと思うが…。

 

今回はキラキラ光る「とんぼ」のラベルが印象的な一本。

f:id:kimama2016:20190315001021j:plain

造るのは、神奈川県海老名市にある「泉橋酒造」さん。

このブログでも、何度か登場している。 

kimama2016.hatenablog.jp
kimama2016.hatenablog.jp
kimama2016.hatenablog.jp

 

今回のお酒は「中取りのみフレッシュ1回火入れ」の1本。

有機栽培滋賀県「玉栄」を使用。

精米55%。

アルコール度数17%の純米吟醸酒

f:id:kimama2016:20190315001212j:plain

f:id:kimama2016:20190315083213j:plain

お酒の色は、うっすらと褐色がかっている。

穏やかな香り。

 

口に含むと…

フルーティな酸味と、爽やかな果実感が印象的。

旨みが柔らかく広がって、ふわっと消えて行く。

 

円やかで角が無い。

度数の強さも全く感じない。

何とも優しい味わい。

 

軽く温めても円やかさは失われず、身体に染み入る美味しさ。

米の旨みは少し温めた方がより一層感じられる。

f:id:kimama2016:20190315001321j:plain

ふと、思う…。

「春」に飛び交う「とんぼ」っているのだろうか?

ウチの方ではまず見かけないのだが…。

 

いずれにせよ、いきものたちが活動を始める季節。

雑草とのバトルも、もう間もなくだ(悲)