K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『梵(福井)』氷温熟成の奥深さ、ここにあり。

「時不知(ときしらず)」と呼ばれるをご存じだろうか。

鮭は本来秋になると産卵のために遡上するのだが、稀に5,6月に戻って来るものがいる。

産卵を終えた秋鮭と異なり、丸々太っていて脂乗りも最高。

そんな鮭を人は「時不知(ときしらず)」と呼ぶ。

f:id:kimama2016:20200723221840j:plain

造るのは、福井県鯖江市にある加藤吉平商店

日本酒製造を始めたのは1860年

 

蔵には【3つのこだわり】がある。

無添加純米酒だけを、変わらぬ手造りで。

創業から変わらぬ手造り。余分な添加物は一切加えていない。

②国内トップクラスの磨きで、澄きとおった味わいを。

自家製米で、平均精米歩合は34.5%。雑味のない味わいを実現。

③氷温熟成で、芳醇な香りとなめらかな口当たりを。

全てのお酒をマイナスの温度帯で1~10年、熟成させる。

f:id:kimama2016:20200723221901j:plain

今回の一本は…

兵庫県産特A地区の山田錦と、福井県産の五百万石を使用。

精米55%。

氷温で5年間熟成された純米吟醸酒

「時を忘れるくらい旨い」ことから「ときしらず」と名付けられている。  

f:id:kimama2016:20200723221923j:plain

強すぎない熟成香。

爽やかな酸が酒の輪郭をつくる。

氷温熟成の効果だろうか…

真ん中に近づくにつれ、円やかで濃厚な旨みに触れる。

後味のキレはスムーズ。

旨みの余韻を残しながら、ゆるやかに消えていく。

 

軽く温める。

酸の輪郭がよりはっきりする。

芯の通った酒質で、温めてもバランスは崩れない。

 

酒だけで飲むと強めに感じる酸だが

料理と合わせると、その酸が円やかになり料理を包む。

新鮮な魚介とともに味わいたい一本だ。

f:id:kimama2016:20200723221940j:plain

・・・・・

「時を忘れる」

いったいどんな場面だろう。

近年の私にとっては「気心知れた人と共にする酒の席」である。

卓を囲んで酒を飲み、うまい料理をつまむ。

自然と会話もはずんで「時間が飛ぶ」感覚を味わう。

まさに時を忘れるほど楽しいひとときがそこにはある。

 

しかし今はコロナで自粛だ。

もちろんリモートでこの感覚が味わえるとは思えない。

いつかまた、心から楽しめる時が来ることを願っている。

 

 

えっ、終わりっ!?

どうした? まじめかっ!?

暑さでとち狂ったかっ?? 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

梵 ときしらず 純米吟醸 [1800ml] [加藤吉平商店] [福井]
価格:2970円(税込、送料別) (2021/9/15時点)