K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ウッドフォード リザーブ』ケンタッキー州で最古。

お盆休み期間中の営業。

なぜか普段あまり出ないお酒の注文が増えた。

中でも多かったのが「おすすめのバーボンをロックで」というオーダー。

そこで今回はこちらのバーボン。

f:id:kimama2016:20170814000828j:plain

ケンタッキー州最古の蒸留所が生み出す、スモールバッチ・バーボン。

バーボンでは珍しく、単式蒸留機で3回蒸留して造られている。

アルコール度数は43%。

 

ボトルがカッコイイ。

シンプルながら、デザイン性が高い。

カッコイイのだが、扱いずらくて困る(苦笑)

f:id:kimama2016:20170814000845j:plain

ストレートで試飲。

以前書いた「BAKER'S」ほどではないが、舌に吸い付くような甘みを感じる。

甘いだけではなく、バーボンらしいピリッと来る香味もある。

全体的には円やかで滑らか、バランスのとれた味わい。

荒々しさは影を潜めている。

 

氷を入れて見る。

度数は少し下がったが、円やかさは減っている様子。

とんがった味が強まった。

甘みもほとんど感じられない

 

【やはり氷は不要なのか?】

私はWhiskyには氷を入れない。 

ただ最近「バーボンはロックもアリかな」と思っていた。

 

今回、氷を入れてみて感じたこと。

温度が下がることで、味わいがとんがってくる。

円やかな甘みが感じられなくなる。

本来のテイストが損なわれている印象を受けた。

 

チェイサーをうまく使いながら、ストレートでちびちび。

Whiskyの味をじっくり楽しむなら、やっぱりこれが一番か。

 

【魅力を伝えたい】

お店でのWhiskyの注文は、9割がHigh Ball、1割がロック。

それ以外はほとんど出ない。

(ま、居酒屋だからねぇ。)

 

これではなかなか本当の味わいを、感じてもらえない。

もどかしいところだが、飲み方はその人の自由。

 

それでもWhiskyに興味が持てるような提案をしていきたい。

一人でも多くの方に、その魅力を知って欲しいのだ。