K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ウッドフォード リザーブ』ケンタッキー州最古の蒸留所が生み出す、スモールバッチ・バーボン。

K’s MENU Note

FILE 78

『Woodford  Reserve

 

お盆休み期間中の営業。

12日、13日と、普段あまり出ない種類のお酒が、いろいろと出ました。

中でも多かったのが「おすすめのバーボンをロックで」というオーダー。

その都度セレクトしてお出ししましたが、その中から1品、紹介します。

「ウッドフォード リザーブ

f:id:kimama2016:20170814000828j:plain

ケンタッキー州最古の蒸留所が生み出す、スモールバッチ・バーボン。

バーボンでは珍しく、単式蒸留機で3回蒸留して造られます。

アルコール度数は、43度。

f:id:kimama2016:20170814000845j:plain

ボトルがカッコイイですね。

シンプルでありながら、デザイン性が高い。

かなり薄っぺらい形のボトル。

カッコイイが、扱いずらいです(笑)

 

テイスティングして見ます。

ストレートで。

以前書いた「ベイカーズ」ほどではないが、舌に吸い付くような甘みを感じます。

甘いだけではなく、バーボンらしいピリッと来る香味も感じますね。

全体的には、円やかで滑らか、バランスのとれた味わい。

荒々しさは影を潜めています。

 

氷を1個、入れて見ます。

度数は少し下がったのでしょうが、円やかさは減っている様子。

とんがった味が強まっています。

最初に感じた甘みも、ほとんど感じられません。

残念ながら、氷を入れることによって、このウイスキーのおいしさが半減しています。

 

やはりウイスキーに氷は不要なのか?

もともとウイスキーには氷を入れない主義でした。 

今回、氷を入れてみて感じたこと。

お酒の温度が下がることで、味わいがとんがってくる。

円やかな甘みが感じられなくなる。

甘み体温に近い温度で、もっとも強く感じられる)

本来のおいしさが、かなり損なわれている気がします。

 

個人的には、チェイサーをうまく使いながら、ストレートでちびちび。

ウイスキーの味をじっくり楽しむなら、これが一番いいと思います。

 

ウイスキーの本当の魅力を伝えたい。

お店でウイスキーが出る場合、9割がハイボール、1割弱がロック。

それ以外はほとんど出ません。

(ま、居酒屋ですからねぇ。)

 

これではなかなか質の高いウイスキーの、本当の味わいを、感じてもらえない。

もどかしいところですが、飲み方はお客様の自由です。

 

それでもウイスキー少しでも興味を持ってもらえるような取り組みをしていきたい。

ひとりでも多くの方に、ウイスキーの魅力に気づいて頂けたら嬉しく思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。