K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『東一(佐賀)』自社栽培の山田錦で醸される一本。

プロ野球のことを少々。

ストーブリーグがざわついている。

FAにも動きがあって、

西武の浅村選手楽天へ移籍。

炭谷選手は巨人へ。

広島の丸選手はどこへ?

 

ざわついてる中、普段は扱いの小さいオリックスも色々話題に。

自由契約になった中島選手が巨人へ。

また、ここに来てエースの金子千尋投手自由契約になったとのこと。

小谷野選手も引退して、来期はチームの様相がガラッと変わりそう。

 

そんな中、去就が注目されるのが、FA宣言している西投手

阪神に決断」という報道が流れたが、本人は即日否定。

阪神」と聞いて、自分的にはホッとしたのだが。

もちろん残留してくれるのが一番。

とにかく同一リーグのソフトバンクにだけは行かないで欲しい。

 

阪神の打線が弱いのが気になりるが(オリはもっと弱いが…)

セ・リーグなら、甲子園球場も考えると、12勝9敗くらいで行けそう。

さて、どうなるか?

 

で、今回紹介するのはこちら。

f:id:kimama2016:20210608082733j:plain

造るのは、佐賀県「五町田酒造」さん。

1922年に本家から独立。

 「東一」の名は「東洋一の酒になる」ことを願い、付けられた。

 

昭和63年から、蔵人を中心とした米の栽培グループを結成。

佐賀県山田錦の栽培に取り組んできた。

 

そんな自家栽培の山田錦を使って醸される純米酒

精米歩合は64%。

f:id:kimama2016:20181129091924j:plain

 

f:id:kimama2016:20181129091946j:plain

冷やして。

香りはほとんど感じない。

じんわりと米の旨みを感じながら…

滑らかで静かに流れるようなお酒。

 

常温~人肌でも香りは無い。

それでも味の幅はグッと膨らむ印象。

優しくたおやかに流れて行く豊かさを感じる。

 

米の旨みを感じながらも、穏やかで優しい。

高精白のお酒よりも、このくらいの精米の方が、個人的には好みだ。

 

・・・・・

 

FAにしろ、自由契約にしろ、選手が活躍できれば一番いいが…。

西投手にも、関西一と言わず、を目指して欲しい。

 

野球で東洋一?

微妙だな。

 

(2018.11.30.追記)

丸選手、巨人だそう。

原監督になって、昔の巨人に戻ったみたい。

もしかして、金子投手も…。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東一 純米酒 山田錦 1800ml あづまいち
価格:2750円(税込、送料別) (2022/4/20時点)