K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『東洋美人 ippo シリーズ』今回は純米大吟醸クラスの「直汲み生」。圧倒的な果実感です。

K’s MENU Note

山口『東洋美人 ippo 直汲み生』

 

こんな記事があった。

www.ssnp.co.jp

「SAKE COMPETITON」は…、

「ブランドによらず、消費者が本当においしい日本酒にもっと巡り合えるよう、新しい基準を示したいという理念のもとに始まったもの。

そして先日、今年の受賞酒が発表された。

 

その中の「純米吟醸酒」部門では…

1位 作 恵乃智

2位 東洋美人 一歩 山田錦

3位 東洋美人 純米吟醸 50

…(以下、省略)

 

「東洋美人」が上位に食い込んでいる。

今回は「東洋美人ippoシリーズ」から「直汲み生」を紹介する。

f:id:kimama2016:20180613003702j:plain

どんなお酒か?

このお酒は「特定名称」を名乗っていないが、スペックとしては…

酒造好適米を100%使用し、精米歩合は50%。

純米大吟醸クラスの、無濾過生原酒、ということ。

 

このシリーズは2回目の登場で、前回の記事はこちら。

kimama2016.hatenablog.jp

ワインっぽい日本酒は数あれど、その中でもトップレベル。

もうほとんど白ワインだった、という内容。

 

そして、今回の「直汲み生」も…。

f:id:kimama2016:20180613003816j:plain

テイスティング

やっぱり「白ワイン」のようなテイスト。

甘みは強いが酸味もほどよく、しつこい感じはない。

ブドウのような風味が強くて、より果実っぽい印象。

ワインと言うよりは…

絞りたての白ぶどうのジュースのような…。

マスカット風の爽やかさも併せ持つ。

 

日本酒のテイスティングコメントとは思えんな(汗)

f:id:kimama2016:20180613003931j:plain

どんな時に飲む? 

いろいろなタイプの日本酒があるもので、その好みも人それぞれ。

季節や気分、体調、合わせる料理などで、飲み分けると良いのだろう。

 

このお酒は…

キリっと冷やして、細長いシャンパングラスで、食事の前半に飲むのが良い。

「メイン」よりは、「前菜やオードブル」と合いそう。

料理は「和」より「洋」の方がしっくりくる。

 

しかし…

このシチュエーションならば…、

ワインやシャンパンで良い気もするのだが…(苦笑)

 

「新しい基準」「新しい価値」を生み出すという意味では、ありなのだろう。

 

・・・・・

 

自分が飲むとしたら…

やっぱり週末の営業後か。

甘い日本酒をゴクゴク飲みたくなる(笑)

消耗した身体が欲するのだ。