K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブラントン ブラック』辛さが印象に残る、唯一無二のシングルバレル・バーボン。

K’s MENU Note

『Blanton's Black』

 

世間様は3連休だ。

もちろん飲み屋には関係ない。

 

そして、23日はブラックフライデーだったらしい。

米国でクリスマス商戦の開始を告げる日。

日本企業もけっこう乗っかっている。

これも、別に関係ナシ。

買い物なんて滅多にしないし。

仕入れ」以外はね…。

 

そして今日は、競馬の「ジャパンカップ」。

これは関係アリ!?

 

と、言うわけで「米国」に「ブラックフライデー」に「」と来たらコレ。

「ブラントン ブラック」

いつも通り、無理やりだ。 

f:id:kimama2016:20210315171445j:plain

馬を形どったキャップに、ブラックラベル。

8面体の球状ボトルも独創的。

f:id:kimama2016:20181121072949j:plain

f:id:kimama2016:20181121073007j:plain

馬のボトルキャップには、8種類の異なる形がある。

 

どんなお酒か?

ブラントンの特徴と言えば「シングルバレル」

通常は味を均一化するため、いくつかの樽から原酒をブレンドする。

ブラントンは一つの樽の原酒からボトリング。

 

とすると…、

「樽ごとに味のバラつきが出るのでは?」と危惧されるが、

そこは厳しいチェックを経て、合格した原酒のみをボトリングしている。

 

いや、樽ごとに多少のテイストの差があるのは、むしろ歓迎すべきでは!?

それこそが「シングルバレルの証」だと言えなくもない。

 

手書きのラベルも特徴。

f:id:kimama2016:20181121072928j:plain

ちょっと分かりづらいが、

瓶詰め日、登録番号、倉庫の番号、棚の段、アルコール分(プルーフ)、

が、手書きで記載されている。

 

テイスティング

ピリッとした口当たり。

ちょっとした苦みと辛みを感じる。

甘さは控えめで、ドライな印象。

穏やかだが、ライトというイメージではない。

 

最近のバーボンは、

「甘くてしっとり、重めのもの」

「ライトでクセが少なく飲みやすいもの」

どちらかに属するものが多いが、このお酒はどちらにも属さない。

 

まさに唯一無二のバーボンたる所以か。

 

辛さが印象に残るバーボンだ。

 

・・・・・

 

さて、今日のジャパンカップ

どうも閃くものが無い。

こういう時はだいたい当たらない。

見て楽しむレースなのかも知れないな。

 

以前書いた「ブラントン」の記事。 

kimama2016.hatenablog.jp

製法はそのままに、マイルドに仕上げたのが、今回の「ブラック」。

売り切れていて、味を比べられないのが残念である。