K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『春鹿 純米酒』「超辛口」日本酒の元祖。世界でも愛飲される、奈良の銘酒です。

K’s MENU Note

FILE 271

奈良『春鹿 超辛口 純米酒

 

元号が発表されました。

「令和」だそうです。

その賛否はともかく「安」や「晋」が付いていなくてホッとしました(笑)

元号自体はそのうち慣れるのでしょうが、公の書類などは、もう西暦でいいでしょ。

3代にまたがると、計算が面倒だしね。

 

さて、今回は「純日本」っぽい日本酒です。

春鹿 超辛口 純米酒

f:id:kimama2016:20190327002223j:plain

どんなお酒か?

造るのは、平城遷都1300年の奈良を代表する酒蔵「今西清兵衛商店」

今でこそ「超辛口」のお酒は数多くありますが…、

最初に「超辛口」の文字を冠して販売されたのは、この春鹿でした。

まだ甘口酒の多かった昭和60年。今から30年以上前です。

 

原料米は、五百万石。

精米歩合、60%。

日本酒度+12、酸度1.4の、超辛口純米酒です。

f:id:kimama2016:20190327002244j:plain

テイスティングして見ます。

確かに辛い。

甘みがほとんど無い。

 

最初に僅かなフルーティ感を伴って、スッと入ってくる。

その後、強めの酸味が支配する。

そして徐々に円やかに膨らんで、スッ~と消えていく。

口の中に微かな辛さの余韻を残して。

 

透明感のある綺麗なお酒です。

辛さも酸も他のテイストもそよ風のような清々しさ。

 

軽く温めて。

米の香りがふわっと立ち上がる。

旨みが口のいっぱいに広がります。

 

冷で飲むのとは、かなり印象が変わりますね。

何か懐かしさも覚えるような、優しい味わいに。

米の旨みに包まれて、日本の原風景が脳裏に浮かびます。

f:id:kimama2016:20190327002305j:plain

・・・・・

昨日は新元号の発表だけなのに、大変な騒ぎでしたね。

「そんなに大騒ぎすることか?」と思いましたが、妻曰く

「平和ってことでしょ」

ごもっとも。

 

元号が切り替わる月末から来月1日は、凄いことになりそう。

これから始まる「令和」の時代。

みんな仲良く暮らせると良いですね。

 

ところで…。

「令和(れいわ)」

この文字を見て「れいほー」って読みそうになったのは私だけでしょうか?

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。