K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『扶桑鶴 特別純米酒』酸味、甘みのバランスが良。料理と共に味わいたい、島根県の銘酒です。

K’s MENU Note

FILE 270

島根『扶桑鶴 特別純米酒

 

気が付けば3月ももう終わり。

まもなく元号の発表ですね。

最近やけに時が流れが早い気がする。

こうやって年をとって行くのだな。

あと何年、お店をできるか分からないが…、

これからも感謝の気持ちと思いやりを忘れず、

飲み屋道に精進してまいります。

そうすれば…。

小結くらいになれるかな?(笑)

 

と、御託はこれくらいにして、本日は渋い日本酒を。

扶桑鶴 特別純米

f:id:kimama2016:20190327001952j:plain

どんなお酒か?

造るのは、島根県益田市にある「桑原酒場」さん。

明治36年の創業。

蔵の近くには清流高津川が流れていて、その伏流水で醸されます。

 

今回の一本は…。

使用米は、神の舞と五百万石。

精米歩合60%。

日本酒度+8.5、酸度2.2の、特別純米酒です。

f:id:kimama2016:20190327002018j:plain

f:id:kimama2016:20190329090800j:plain

テイスティングして見ます。

微かな熟成香があります。

高めの酸が輪郭を作りますが、酸味が強すぎることはありません。

後味のきれは抜群です。

こういうお酒は、ぜひ燗にして料理と合わせたい。

 

軽く温めてみます。

香りはより感じられます。

酸も強めに立ちますが、すっきりとした中に旨みや膨らみが感じらておいしい。

芯がしっかりしていて、どんな料理とも合いそう。

後味はやはりキレキレですね。

かなり好みの味わいです。

f:id:kimama2016:20190327002035j:plain

・・・・・

余談ですが…。

先日、常連さんにお土産を頂きました。

茨城県大洗(付近)の温泉旅館に行ったとのこと。

テイスティングのお供に、軽くあぶってつまみました。

f:id:kimama2016:20190327001828j:plain

f:id:kimama2016:20190327001850j:plain

f:id:kimama2016:20190327001907j:plain

噛めば噛むほどに旨みが広がります。

お酒も進みますね~。営業中だが…(苦笑)

 

お客様にはいつも感謝です。

これからも、勝って驕らず、負けて腐らず、お酒を飲み続けたいと思います。

ん?

何か違うな?

 

まぁ、いいか。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

 過去の「扶桑鶴」の記事です。

kimama2016.hatenablog.jp