K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブラック デビル』ラム酒で作るマティーニ?? その味わいは意外にも…。

K’s MENU Note

『BLACK DEVIL』

 

今年も残り少なくなって来た。

令和元年、色々あったが、芸能界は受難の年だ。

闇営業に始まり、脱税に薬物…。

恐喝で活動自粛とか。

芸能界の闇は深そうだ。

 

さて今回は「黒い悪魔」なるカクテルを紹介する。

f:id:kimama2016:20191119231047j:plain

【スタンダードな処方】

ステアしてカクテルグラスに注ぎ、ブラックオリーブを飾る。

 

ラム酒で作るマティーニとも言われる。

ならば比率は 5 : 1 くらいドライにするべきだと思うが、どうだろう。

f:id:kimama2016:20191119231219j:plain

使うのはこちらのお酒。 

f:id:kimama2016:20191119231251j:plain

ブラックオリーブがないので、グリーンオリーブで代用。

すると見た目はマティーニそっくりになる。

f:id:kimama2016:20191119231455j:plain

テイスティング

ラムの甘い香りが立つ。

ファーストノートは…、思ったより甘くない。

いや、全然甘くない。

ラムの比率が高いが、ドライベルモットの酸味がうまく効いている。

その複雑なテイストが、南国チックなラムを西欧風の上品な味わいに進化させた。

ベルモット、なかなかいい仕事をする。

代役のオリーブもいい。

マティーニとは異なるので、比率は 2 : 1 でちょうど良さそう。

ロックスタイルでも飲みたいカクテルである。

f:id:kimama2016:20191119231554j:plain

・・・・・

芸能界…。

いろんな誘惑があると思うが、そこは全てを捨てて戦ってほしい。

たとえ裏切り者の名を受けてでも…。

 

戦い方は色々ある。

だが暴力はいけない。

チョップやキックは避けたい。

カッターやビームもやめておこう。

最大の武器は地獄耳だ。

悪魔の力を身に付けた、正義のヒーロー。

あれは誰だ?