K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『〆張鶴(新潟)』新潟産「越淡麗」で仕込んだ一本。

忘年会もピークを過ぎた。

例年より少な目だが、週末はそれなりに盛り上がった。

 

ところで「3010運動」なるものをご存じだろうか?

 

日本ではいわゆる「フードロス」が年間621万トンもあるという。

それを少しでも減らそうと一部の省庁が呼び掛けている運動。

乾杯後30分と締めの前10分は、飲みや歓談より食べることを優先する。

それにより、フードロスの削減につなげようというもの。

環境省ではこんなPOPも用意している。

f:id:kimama2016:20191221091822p:plain

(出典:環境省ホームページ)

 

どれほどの効果があるかは分からないが、まぁ、やらないよりはいいだろう。

そして宴会に付きものなのが「締め」。

今回は新潟の銘酒「〆張鶴」だ。

f:id:kimama2016:20191221085601j:plain

f:id:kimama2016:20191221085617j:plain

造るのは、新潟県村上市宮尾酒造(株)

新潟で生まれた酒米「越淡麗」を100%使用。

「越淡麗」は「山田錦」と「五百万石」の交配により生まれたお米。

大粒でタンパク質含有率が低いのが特徴。

40%以上の高精白にも耐えられる酒米だ。

f:id:kimama2016:20191221085632j:plain

f:id:kimama2016:20191221085647j:plain

フルーティで上品な香り。

淡い辛口だが、じんわりと膨らむ旨みも十分。

飲みごたえがあって、奥行きも感じる。

少しドライな余韻のフィニッシュ。

確かに淡麗で辛口だが、味も素っ気も無い酒とはまるで違う。

料理に負けない芯の強さを感じる酒だ。

f:id:kimama2016:20191221085704j:plain

・・・・・

「3010運動」

最初の30分はうまく行くかもしれない。

しかしラスト10分はどうだろう?

酔いが回って宴もたけなわ。

「さぁ、10分前だ。みんな、しっかり食べよう。」と言って誰が聞くか。

 

そこで、こんなのはどうだろう。

「上司の一言」の間に食べよう運動。

話しが長くてつまらないほど、フードロスは減る。

我ながら素敵なアイディアだと思うが。

いかがだろう。

環境大臣殿。