K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ブラック・ブッシュ』アイルランド最古の蒸留所。

今年は日本でラグビーW杯が行われた。

ラグビー自体に興味はないが、この時期になると思い出すことがある。

寒くなると古傷が疼くのだ。

 

高校の体育の授業にラグビーがあった。

ただし大半が素人なのでタックルは無し。

それでもスクラムを組んだりする。

まったく運動に縁のない人間がそれをやったら…。

 

寒くなると時々痛みが出る。

あの授業さえ無ければ…

せめてポジションがバックスだったら…

今更だが…。

 

ラグビーと言えばオール・ブラックス

今回はIrelandのブラック・ブッシュなるWhiskyを紹介しよう。 

ちなみにIrelandも強豪国だ。

f:id:kimama2016:20191218142916j:plain

造るのは「Bushmills 蒸留所」。

1608年にEngland王ジェームズ1世から蒸留免許を受けている。

Irelandで最古の蒸留所。

 

Irish Whiskyの特徴は「3回蒸留」(スコッチは多くが2回蒸留)。

それによりクリーンで軽快な味わいのWhiskyに仕上がる。

また、BushmillsはノンピートのMaltを使用。

クセのないすっきりした味わいを実現している。

 

このブラックは…

オロロソシェリー樽とバーボン樽で最長7年熟成させたMalt原酒を80%含む。

さて、どんな味わいか?

f:id:kimama2016:20191218143202j:plain

独特の甘い香り。

紅茶に似た香りも感じる。

滑らかで上品な甘み。

やはり紅茶のような余韻がある。

ボディはミディアムで、思ったよりもしっかり。

Irish Whiskyの軽いイメージとはちょっと違う。

 

加水すると滑らかさが広がる。

味がまろやかに伸びて美味しい。

水割りでも十分楽しめそうだ。

f:id:kimama2016:20191218143224j:plain

画像は旧ボトル。

現行品はこちら。

f:id:kimama2016:20191218143832p:plain

よりスタイリッシュになった印象。

 

・・・・・

 

来年はオリンピック・イヤー。

まだまだ先だと思っていたら、あっという間にやって来た。

しかし私はオリンピック反対派だ。

商業主義が行き過ぎている。

利権とカネが渦巻いている。

今のオリンピックに存在意義はあるのだろうか?

(おっと、非難が轟々と聞こえてくるが…。)

 

それでも選手たちの頑張りは素直に応援したい。

トップアスリートの熱き戦いを期待している。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブッシュミルズ ブラック ブッシュ 40度 箱なし 700ml 並行
価格:2145円(税込、送料別) (2021/10/11時点)