K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

マッカランの好敵手。シェリー樽熟成にこだわる伝統の味『グレンファークラス12年』

K’s MENU Note

FILE 36

『GLENFARCLAS12

最近、ウィスキーに凝っているという常連さん(20代後半男子)が、会社の同僚の方たちと来店されました。その同僚の中にウィスキー通がいるらしく、その方のセレクトで何品か飲んでました。その中から今日は一品紹介します。スペイサイドのシングルモルトグレンファークラス12年」です。


f:id:kimama2016:20170526023246j:image

 

グレンファークラスの特徴は、何といっても「シェリー樽熟成」でしょう。マッカランの好敵手」と言われるように、シェリー樽熟成のシングルモルトとしてこの2銘柄は双璧をなしていると思います。

 

残りがだいぶ少なくなっていますが、せっかくなので(ちょっとだけ)テイスティングをしてみます。

まずストレートで。香りはシェリー樽由来の甘い香りが広がりますが、結構刺激が強い印象です。アルコール感も強めにツンとくる感じ。


f:id:kimama2016:20170526023310j:image

 

ついでにマッカラン12年も(ちょこっと)テイスティング。こちらの香りは優しくて柔らかい印象を受けます。ファークラスからは力強さ、マッカランからは上品さを感じました。

味も同様で、ファークラスは重厚で強い感じ。シェリーの甘味も感じますが、それ以上に力強さと刺激の強さが際立ちます。マッカランは華やかで上品。

 

少量の加水をしてみます。するとファークラスは印象が一変します。ツンとくるような刺激がすぅ~と消え、優しい口当たりに変化します。香りもアルコールの刺激がおさまり、洋梨を思わせる果実香が現れてきます。逆にマッカランはもともと優しい味わいなので、加水による変化はあまり大きくはないようです。

 

どちらが美味しいかというと、これは好みなので何とも言えません。

ただ、「ファークラスの方が飲んでいて楽しい」(個人的に)

加水による味・香りの変化が楽しめるのはファークラスの方だな、と、今回テイスティングして感じました。

 

ちなみに、「グレンファークラス」とはゲール語「緑の草の生い茂る谷間」のことだそう。ラベルに描かれたスケッチ風の蒸留所の風景も素敵ですね。

 

kimama2016.hatenablog.jp