K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『フォア・ローゼズ ブラック』薔薇色のひと時を。

昨夜のこと。

帰り際に「眼鏡が無い」と言う男性。

みんなで探し回った結果…

よくあるオチ。

飲みすぎは良くないねぇ~。

 

その方が飲んだ中からこちら。

f:id:kimama2016:20180413010855j:plain

バーボンとは、極々簡単に言うと

「主に米国のケンタッキー州で作られる、コーンを主原料としたWhisky」

法律で細かく縛りがかけられている。

 

スコッチと比較すると…

  • 原材料の違い(ピート含む)
  • 熟成の違い
  • 環境の違い

違いを捉えると、特性や輪郭が描きやすい。

お客様に説明するときも、そのあたりを意識している。

 

もっとざっくりとした印象は、

スコッチは英国の紳士・淑女の上品で洗練されたイメージ。

バーボンは米国の荒野、カウボーイや西部劇の荒々しいイメージ。

あくまで個人のイメージだが…。

f:id:kimama2016:20180413011253j:plain

「環境の違い」について、少々。

スコッチスコットランドの全土で作られるWhisky。

英国は島国で、山も海もある。

渓谷もあれば草原もある。

標高の差も様々。

小さい島々もたくさんある。

 

そんな環境の中で作られているので…

蒸留所による味の幅がとても広い。

 

一方のバーボンは、主に米国内陸のケンタッキー州で作られる。

環境の違いがなく法律の縛りもきつい。

そのため、ブランドによる味の違いがスコッチほど大きくない。

もちろん蒸留所の個性はあるが…

スコッチに比べれば味の幅は狭い。

 

・・・・・

 

今回はフォア・ローゼズの上級品。

価格は少々張るが断然おいしくなる。

 

荒々しいイメージとは裏腹に…

バーボンの中ではかなり優しい、まろやかで刺激の少ない味わい。

多くの人に支持される理由だ。

f:id:kimama2016:20180413011044j:plain

f:id:kimama2016:20180413011149j:plain

左が現行品。

こう見ると、現行品のほうが、洗練されてスタイリッシュな感じだ。

「黒」のラベルに「赤」の薔薇。

画になるなぁ~。