K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

森香るウイスキー『シングルモルト 白州 NV』

K’s MENU Note

FILE 45

サントリーシングルモルト  白州  NV

 

先日、サントリー『山崎』を紹介したので、今日は『白州』を紹介します。「森香る」ウイスキーと称されるように、白州蒸留所は南アルプス駒ヶ岳の麓に建てられており、豊かな大自然の中で、南アルプスの天然水を使って仕込まれます。

 

女性のお客様から、ハイボールとしてのオーダーがわりと多いようです。爽やかなイメージがあるのでしょうか。

 


f:id:kimama2016:20170609222724j:image

 

ストレートでテイスティングしてみます。

もちろん飲んだことはありますが、味の記憶も曖昧になるので確認のためです。

 

まず香り。

独特の香りがあります。これが森の香りかと言えば、ちょっと違う。果実様の香り、モルトの香り、スモーキーな香り・・・どれもそんなに強くない。いろいろな香りが複雑に重なっています。一番強いのは「モルト香」ですかね。

 

次に味。

こちらも甘みやモルト感が強く、それほどフレッシュとかフルーティという印象は無いですね。思ったよりもボディがしっかりしている感じがします。もっと軽くてライトな酒質をイメージしていました。

スコッチでいうと、ハイランド地方ウイスキーのイメージ、そう、「ダルウィニーあたりをイメージしていました。だいぶ違いましたね。

 

そして、ルーティーンとして加水をして味・香りの変化を見ます。

弱めだったフルーティ感が、全体的に強くなります。しかしよく称されるような「森の香り」「新緑の香り」というものは、最後まで発見できませんでした。

 

飲み方の問題でしょうか?(ハイボールなどにした方がわかるのかも)

それとも、サントリーのイメージ戦略でしょうか?

 

いずれにせよ、「爽やか」というよりは、

「山崎よりもはるかに複雑で繊細」

「ミディアムボディでしっかりした味わい」

というのが自分の印象です。

そして山崎よりもイマジネーションが働くお酒だったので、飲んでいて楽しかったです。

 

kimama2016.hatenablog.jp