K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『知多』革新的な逸品「シングルグレーン」。

最近、よく出るWhiskyがある。

それがこの「知多」。

High Ballでの注文が主流で、山崎や白州より出ている印象だ。

f:id:kimama2016:20180426235938j:plain

ウイスキーを簡単に分類すると…

そして、

「グレーンウイスキーというのは、ブレンデッドを造るための素材であり、モルトを引き立てブレンデッドを支える役割というイメージが強い。

さて、シングルグレーンの知多は、どんな味わいなのか? 

f:id:kimama2016:20180426235952j:plain

「グレーンウイスキー」は、焼酎で言うところの「甲類」と同じイメージがあった。

よって味も香りも薄いものを想像していたのだが…

これはまったく違っていた。

 

想像以上に味わい深く、豊かな香味がある。

モルト」のような厚みや複雑さはないが、その分、軽やかですっきり。

それでいて旨みもしっかり。

「グレーン」のイメージを一変させられた。

 

ここはサントリーの技術の高さなのだろう。

HPによると、3種類の原酒を造り分け、3種類の樽を使い分け…。

ブレンドにも熟練の技が活かされているとのこと。

  

加水してみる。

僅かな加水で、アルコール感の裏に隠れていた

「香ばしく甘いナッツ様の香り」

「熱いキャラメル様の香り」が際立ってくる。

味も甘みがグッと増して深みが広がり、まろやかさも増す。

 

・・・・・

 

これは面白い発見のあるWhiskyだった。

また、HPによると「和の素材」との相性を意識しているとのこと。

もう少し、奥がありそうな予感のする一本である。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知多ウイスキー 43度 箱なし 700ml whisky_SGRCD
価格:3498円(税込、送料別) (2021/10/10時点)