K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『シングルモルト 山崎』国産ウイスキーの代表格。原酒の品薄により入手が困難に。

K’s MENU Note

シングルモルト 山崎  NV

 

今回は日本のウイスキーの代表格「山崎」。

「いつもよりちょっといいウイスキーを飲もうかな」

そんなお客様からオーダーを頂くことが多い。

 

どんなお酒か?

造るのは、サントリーの山崎蒸留所。

京都の南西、天王山の麓に佇む、日本最古のモルトウイスキー蒸留所だ。

仕込み水は、名水「離宮の水」。

長い時間をかけて育まれた、滑らかで良質な地下水を使用。

また、自然がつくり出す環境は湿潤で、ウイスキーの熟成に最適。

まさに「ウイスキー造りの理想郷」である。

 

そんな蒸留所で造られる原酒は多彩で、重厚・華やかな味わいが特徴。

f:id:kimama2016:20180426235442j:plain

ウイスキーの原酒不足が心配。

ところで昨今、人口の多い新興国でのウイスキー需要が増加しているとのこと。

それにより、ウイスキーの原酒が全般的に不足しており、併せて価格も高騰。

さらに国内のウイスキー人気も、原酒不足に拍車をかけている模様。

この「山崎」も原酒不足が顕著だ。

 

ウイスキーは増産したところで、すぐには出荷できない。

となると、当分は品薄が続くのだろう。

 

「山崎」もメニューに入れた頃は3,000円台半ばで仕入れていた。

今日通販サイトで確認すると、なんと! 6,000円オーバー

「ノンヴィンテージ」で!ちょっと尋常ではない上がり方だ。

 

「山崎」は海外での知名度も高く、人気がうなぎ登り。

「白州」は4,000円台で買えるところを見ると、「山崎」の上昇が際立っている。

(今は白州も買えない。)

 

ウチの店では、大幅に値段を上げてまで「山崎」を置くのは困難。

よって、在庫が無くなり次第、メニューから削除することになりそうだ。

f:id:kimama2016:20180426235501j:plain

恒例のテイスティング

ストレートで味をみる。(ちょっとだけ…)

とてもリッチで濃厚な味わい。

まろやかで、ふくよかな甘みが感じられる。

 

加水をすると、まろやかさと滑らかさが増す。

甘みもより強くスムーズに広がっていく。

果実様、紅茶様の香りと味の余韻が心地よい。

 

・・・・・

 

とても上質で美味しいウイスキーだが、自分はやっぱり「スコッチ派」だ。

「山崎」に6,000円出すなら…。

ラガヴーリン16年」を買う。

5,000円台で買える。

 

せめてスコッチは、これ以上値上げしないで欲しい。

そして……「円高」になれ~!