K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『バランタイン』言わずと知れたスコッチの名門。まさに「ザ・スコッチ」。

K’s MENU Note

FILE 56

『BALLANTINE'S』

 

先日、「タラモアデュー12年」の記事で、

「在庫のかたよりを調整するためのメニュー」として、

「銘柄おまかせハイボールを紹介しました。

 

昨夜は「スコッチハイボールのオーダーが来たので、何種類かあるブレンデッド・スコッチの中から、こちらをお出ししました。

 

 

バランタイン12年」

右は同17年。今はこの2種類を置いてます。

f:id:kimama2016:20170702101112j:plain

 

 ブレンデッド・スコッチとしてはあまりにも有名なバランタイン

12年は40種類以上のモルト原酒、グレーン原酒をブレンドして造られます。

 

17年物は究極のスコッチ「ザ・スコッチ」と称され、7つのモルト原酒(スキャパ、プルトニー、バルブレア、グレンカダム、グレンバーキ、ミルトンダフ、アードベッグ)は、バランタイン、魔法の7柱」と呼ばれています。

 

 

テイスティングして見ます。

 

オーダーは「ハイボール」でしたが、いつものように「ストレート」+「加水」でテイスティングして見ます。

 

う~ん、素直に美味しいです。

美味しいのですが…、表現が難しい。

つまり、バランスが良すぎて、特徴が少ない。

 

甘くて、フルーティで、エレガントで、滑らかで…。

普通のコメントしか思いつかない。

 

ひとつ、言えるのは、

スコッチ特有のクセがないこと。

そして、スコッチとしてはライトな酒質

初心者の方におすすめしたい銘柄で、

このあたりなら抵抗感なく入れる気がします。

 

 

今回のお客様からは、3杯のおかわりを頂きました。

気に入ってもらえて良かったです。

 

「銘柄おまかせ」なのですが、その選択に若干プレッシャーを感じているマスターです。

 

 

いずれにせよ…、

スコッチのファンが少しでも増えると嬉しいですね!

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。