K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『鷹勇 超辛口純米』すっきり辛口の高精白純米酒。安心して飲める一本です。

K’s MENU Note

FILE 143

島根『鷹勇(たかいさみ) 超辛口純米』

 

日本酒に何を求めるか?

これは人それぞれです

旨みか?キレか?香りか?料理との相性か?

お客様にもいろいろな方がいらっしゃいます。

 

今回、紹介するのは、島根県の辛口純米酒「鷹勇」です。

このお酒を好んで飲まれたのは、60代のステキなマダム。

その方は「日本酒に旨みは求めない」という嗜好の方です。

 

・・・・・

 

日本酒のテイストは、よく「淡麗辛口」「濃厚旨口」などと表されます。

細かい要素は多々あるとしても、この両者を分けるものは、

  • 「火入れ」の有無
  • 「濾過」の有無

…と、捉えています。

 

どちらも「雑味」を消す効果がある。

逆にそれをしないと「雑味」が残るかわりに「旨み」も残る。

「火入れ、濾過」して「スッキリ」を求めるか。

それをせずに「旨み」を求めるか。

 

これが日本酒をセレクトする最大のポイントではないか?

その上で…、

  • 造り(純米や吟醸本醸造など)
  • 甘辛(日本酒度。発酵の問題)
  • 原料(米や酵母のテイストの特徴)
  • その他、いろいろ。

を考慮すればいい。

 

・・・・・

 

飲み屋の店主としては…、

一般のお客様に「お酒の特徴をいかに分かり易く伝えるか」に腐心します。

なるべく大きく、体系的に捉えることによって、日本酒を選ぶときの鳥瞰図のようなものを伝えたいと考えています。

 

そのために、蔵元、そして販売店の方々。

「火入れの有無(方法や回数も)」「濾過の有無」を明記して頂きたい。

 

「火入れ」や「濾過」をしていないものは、「生酒」「無濾過」などと表記されます。

その記載がないものは、すべて「火入れ、濾過している」と考えて良いのでしょうか?

 

たぶんそうなのでしょうが、明記して頂いた方が、安心してお客様に伝えられますね。

 

・・・・・

 

では、今回のお酒をテイスティングして見ましょう。

f:id:kimama2016:20180222090246j:plain

f:id:kimama2016:20180222090302j:plain

香りはほとんど感じません。

すっきりとして、綺麗な酒質。

クリアな喉ごし。(ビールっぽい表現だが…。)

「辛い」というよりは「すっきり感」が強いです。

 

少し温度を上げても、大きな変化は感じられません。

やはり「すっきり感」が印象に残りますね。

 

とても安心して飲めるお酒です。

ぜひ料理と合わせたいところ。

どんな料理とも合わせられそうな、守備範囲の広さを感じるお酒です。

 

(簡単にスペックを)

使用米は、山田錦と玉栄。

精米歩合50%と、純米酒としては高精白。

日本酒度は+10程度。

「火入れ、濾過」している(と思います)

 

・・・・・

 

日本酒に限らず、数あるお酒の特徴を、いかに分かり易く伝えるか。

今はネット検索すれば誰でも簡単に調べられる時代ですが…。

細かい情報よりは「全体を俯瞰する見取り図」のようなものが大事なのではないか?

そこを押さえていないと、迷路に迷い込む気がします。

 

それを自分の言葉でお客様に伝えること。

それが飲み屋の店主に求められるスキルではないかと考えます。

細かい知識はネットに任せておきましょう。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。