K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『赤霧島』幻の紫芋を使った、季節限定の芋焼酎。

今日は季節ものの焼酎について。

春、秋の限定販売となっている芋焼酎赤霧島」だ。

 

以前は入手困難レア感たっぷり芋焼酎、値段も高価だった。

ところが今や、近所のスーパーやドラッグでも売っている。

価格も900mlで1200円位。

消費者としては嬉しいが、商品価値的にはいかがなものか?

 

飲み屋的にも、

「これなら黒霧を置いておけばいいのでは」

と思ってしまう。

 

そんな時、起こった出来事。

いつも黒霧島のボトルを注文するA氏。

中小企業の社長だ。

お気持ちを忖度して…。

じゃなくて

日頃のご愛顧に感謝をして、サービスで「赤霧島」をお出しした。

「季節限定品だし、きっと喜んでくれるに違いない。」

 

ところが…。

「美味しくない」と。

なんてこった!

なんて日だ!

どうやら味も香りも上品すぎて、芋の感じが弱いのが気に入らないらしい。

 

こうなると「商品の価値」ってなんなんだ?

レアとかプレミアムとか限定品とか、色々あるが…。

結局メーカーやらマスコミやらに踊らされてるだけなのではないか?

限定品だから美味しいに違いない、と思わされているだけなのではないか?

f:id:kimama2016:20180413014728j:plain

で、赤霧島

平成14年に品種登録された紫芋ムラサキマサリが原料。

ポリフェノールが豊富に含まれる。

そのポリフェノールが、焼酎菌が生成するクエン酸に反応すると…。

あら。不思議。

もろみが真っ赤になるらしい。

そこから「赤」霧島と名付けられる。

f:id:kimama2016:20191110143452j:plain

味はフルーティで香りも上品。

いわゆる芋臭さは無し。

芋焼酎がちょっと苦手な人でもいける。

その分「物足りない」と感じる人もいるのだろう。

それをはっきり言ってくれる社長は、貴重な存在である。

f:id:kimama2016:20180413014803j:plain

 

 (2018.11.20.追記)

最近では「紙パック」の赤霧島まで見かけるようになった。

霧島酒造さん、何処へ向かおうとしているのか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

霧島酒造 赤霧島 25度 1800ml 瓶
価格:2178円(税込、送料別) (2022/4/24時点)