K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『海』繊細な「黄麹」で仕込まれた芋焼酎。

常連さんの「焼酎シフト」に伴い品揃えも増加中。

そんな中から、今回は黄麹を使った芋焼酎「海」を。

f:id:kimama2016:20191103095806j:plain

原料の芋などに含まれる「でんぷん」「糖」に変えるための微生物

それが「麹菌(カビ)」で、米などに繁殖させ「麹」を造る。

焼酎造りで使われるのは、主に「白麹」「黒麹」「黄麹」。

 

黄麹 は日本酒造りや、みそ、醤油などにも使われている。

かつては焼酎造りでも多く使われていたが、雑菌に弱く腐敗の危険性が高い。

そこで注目されたのが、沖縄で造られる泡盛

気温が高い環境でも腐敗しない。

泡盛「黒麹」で造られる。

本土の焼酎造りにも活用できるのではないか。

 

そして、焼酎造りは「黒麹」が主流になる。

その後、「黒麹」から「白麹」が開発される。

「黒麹」「白麹」ともクエン酸を生成するので、雑菌の繁殖を抑制できる。

さらに「白麹」は糖への変換がスムーズで、アルコール生成も進みやすい。

 

そのような流れで、現在は「白麹」または「黒麹」が中心。

黄麹を使った焼酎は少ない。

f:id:kimama2016:20191103095837j:plain

「白麹」

スッキリ、軽快な酒質で、香りはストレートに感じられる。

「黒麹」

力強くどっしりとした、重厚な酒質に。香りはまろやか。

黄麹

華やかでフルーティな味と香り。芋の感じは薄くなる。

 

黄麹」を使った芋焼酎で有名なものは…

「魔王」富乃宝山」「萬膳庵」

そして今回の「海」など。

f:id:kimama2016:20191103095923j:plain

造るのは、鹿児島県鹿屋市にある「大海酒造」さん。

「海」の他、「くじら」や「海王」「海からの贈り物」など…。

「うみ」をテーマにした焼酎をリリースしている。

 

爽やかな青色のボトルと「海」の文字が特徴。

茶色っぽいボトルが多いので、目を引く一本だ。

f:id:kimama2016:20191103100515j:plain

ストレートで。

まず感じるのは、、果実様の華やかな香り。

芋焼酎のクセのある香りは全く無い。

味わいはフルーティで「本当に芋か?」と思うほど。

酒質も軽やか。

全体にスッキリ爽やかな印象だ。

 

芋焼酎のクセが苦手な方でも楽しめる」

そんなコンセプト通りのお酒。

ただ…、通の方には物足りない?かも。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芋焼酎 海 25度 1800ml − 大海酒造
価格:2598円(税込、送料別) (2022/4/24時点)